Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

ハイシーズン間近のタマンゲーム

time 2021/07/07

ハイサイ♪沖縄のAUX照屋です😁
梅雨明けからの熱く短いハイシーズン間近!!と言うことで、ハイシーズンのメインポイントの調査へ。
 
5時起きで家を出発しポイントに到着すると、ゴロゴロと雨雲が迫り雷雨に。
おかっぱりのライトゲームにシフトチェンジもありだけど、、、
チャンスがあれば少しでもカヤック出艇したい。。。
 
2時間ほど待機すると天候も回復!!
いざ、大海原へ🔥
 
 
定番のエリアでさっそく釣友がタマンをキャッチ👍
ターゲットも入ってきているようなので私よりこのエリアを熟知している釣友に任せ、単独で気になっていた初めてのエリアの調査へ。
 
30分ほどカヤックを漕ぎポイント到着。
マップで見て想像していたより水深もあり、根のトップから表層まで距離もあるな〜など観察しながら本命のタマンを狙っていく。
そして小型ながらも狙いのタマンをエヴォる。
ハマフエフキ(タマン)
雷雨の後のコンディションで初見のポイント、他に当たりもない中絞り出した本命は嬉しかった😆👍
ハマフエフキ(タマン)
同行者と1km以上離れていたのでブツ持ちを自撮り、揺れるカヤックの上でスマホ立てながらは中々難しいですね。笑
 
 
クリスマスにケンサンタさんからプレゼント頂き、キャスティングで使えるようカルカッタコンクエスト301のパーツを取り寄せカスタムしたオシアコンクエストリミテッド301HGで実際にタマンとファイトした感じも、カルコン201とは比べ物にならないほどのパワーを確認出来ました👍
 
ドラグを出さないファイトでもカヤックを根まで引きずりラインブレイクする怪魚(タマン)。
荒く難易度の高い地形の場合、BC4 5.10MXHとカルコン201のタックルで確実に掛けたら獲れるサイズは50cm半ばで、それより大きいと運も必要になってきます。(カヤックフィッシングの場合)
 
オシアコンクエストリミテッド301HGだと確実に獲れるサイズが一回り上がるなと確信を得たのと、愛用のBC4 5.10MXHのまだ使えていなかった部分のパワーも存分に引き出せるリールだなと感じました😁👍
 
 
昨シーズンは5.10MXHで長年更新出来ていなかったタマンの自己記録を更新し、このシーズンは新たに力強いリールも戦力に加わり、さらなる自己記録更新のタマンを狙って行きたいと思います👍
熱い夏が始まる🔥
 
最後まで読んで頂きありがとうございました🙏
 
 
【タックルデータ】
ロッド:BC4 5.10MXH(フィッシュマン)
リール:オシアコンクエストリミテッド301HGキャストカスタム(シマノ)
ライン:CastPE2号(モモイ)
リーダー:SHOCKLEADER30LB(モモイ)
ルアー:エヴォルーツ120F(ブレイズアイ)
地方:沖縄
魚種:ハマフエフキ(タマン)
アングラー:照屋聖太
 
【Fishmanアパレル】
ウェア:防虫クイックドライパーカー
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506687
キャップ:パッカブルアドベンチャーハット
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=156449819
グローブ:夏用5フィンガーレスグローブ
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152507087
 
 

関連ページ


BC4 5.10LH/MXH/XH製品ページはこちら
BC4 5.10LH/MXH/XH関連記事はこちら

イベント

次回イベントをお待ちください。

Facebook