Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

小場所開拓に必要なロッド

time 2021/07/14

皆さんこんにちは、茨城の鈴木です。
 
新型コロナウィルスの影響により屋内での遊びが危険視されて以来、人気と注目度が上がり続けているアウトドア。
当然ながら釣り人気も高まり、釣り人が爆発的に増加したためメジャーな釣り場は満員御礼なんて光景も今や当たり前に。
下手をすれば何ヵ所も回った末に釣り場に入ることすら出来ない、なんて日も(^_^;)
 
釣り人が多いということは、当然のように魚はスレていることがほとんど。
そうなると、魚を釣るための近道の1つとして、普通の人が入らない場所、撃たないような場所で釣りをするという方法があります。
藪を漕ぎ、辿り着いた先にはスレていない魚が溜まる良いポイントが待っていることもしばしば。
 
しかし、そういう場所は大体ロッドを振るスペースが限られているもの。
草木に囲まれていたり、バックスペースが狭いなんてことは当然の如くある話で、シーバス釣りで定番である9フィート半の長さのロッドではキャストすらままならない場合が多いのです。
 
 
そこで活躍するのが8フィート前後のロッド。
Fishmanロッドで言うと、
・Beams RIPLOUT 7.8ML
・BRIST MARINO 8.0M
・Beams CRAWLA 8.3L+
シーバス
シーバス
・BC4 8.0MH

シーバス
シーバス
現状ではこの4機種がオススメです。
 
ある程度軽いルアーから重いルアーまで幅広く扱えるバーサタイル性能に加え、遠投もピン撃ちもこなせる絶妙な長さとキャスト性能。
パワフルなシーバスの引きにも対応出来るロッドパワー。
ポイント開拓にはこれらの要素が求められるため、上記のロッドがまさにうってつけなんです(^_^)♪
 
 
シーバスは人間が想像してるよりも身近な場所、そして意外な場所にも居ます。
そして、とてつもない距離を遡上する魚でもあります。
 
皆さんも是非一度、固定観念を捨てて、普段よりも少し短いロッドを持ってポイント開拓をしてみてはいかがでしょうか(^_^)
ちょっとした冒険ですが、普段味わえないワクワク感がたまらなく楽しいですよ♪
 
※藪漕ぎをする際は、くれぐれも安全第一で!決して無理はしないようにしましょう!
 
 
【タックルデータ①】
ロッド:Beams CRAWLA 8.3L+(Fishman)
リール:スコーピオンMGL(SHIMANO)
ライン:レジンシェラー 1.5号(山豊テグス)
リーダー:フロロショックリーダー7号(山豊テグス)
ルアー:UKシャッドワーム 9g(Marujin)
フィールド:茨城県
魚種:シーバス
アングラー:鈴木貴文
 
【タックルデータ②】
ロッド:BC4 8.0MH(Fishman)
リール:スコーピオンMGL(SHIMANO)
ライン:レジンシェラー 1.5号(山豊テグス)
リーダー:耐摩耗ショックリーダー 7号(山豊テグス)
ルアー:KAGELOU100F(Megabass)
フィールド:茨城県
魚種:シーバス
アングラー:鈴木貴文
 
【着用アイテム】
帽子:フラットビルキャップ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506892
グローブ:5フィンガーレス夏用グローブ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152507087
アパレル:防虫クイックドライパーカー(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506687
ベスト:ゲームベスト(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=156449500
ポーチ:Fishmanカメラポーチ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152489009

イベント

次回イベントをお待ちください。

Facebook