Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

梅雨明けのモンスター

time 2021/07/30

ハイサイ♪沖縄のAUX照屋です😁
待ちに待った梅雨明けのタマンゲーム。
この潮回りは出る!!いや、出す!!とレコードサイズのタマン狙い🔥
 
大潮のはずなのに、全然潮が動かない!?
根を撃ちながら通過する時にちらほら見かけるタマンも無反応…。
居るのに全然反応してくれない…。
どうするべきか…。
 
広大なフィールドから水が少しでも動いている場所、そしてベイトと鳥の動きを観察し、魚の気持ちを考える。
散りばめられたヒントを推理し行動に移す。
 
 
そして…ロクマルオーバーをエヴォる🔥
マイレコードの65cmには及ばず63cmでしたが、ライトロッドを限界まで絞り込まれていても、目の前の根に突っ込んでいく姿が見えているのでドラグは1ミリも出せないスリリングなファイト!!
 
カヤックもグイグイ根に向かい物凄いパワーで引きずられ、擦れたら40lbでも一瞬でスパッ!
 
CRAWLAのバットもロゴ部から絞り込まれ、リールから第一ガイドまでのラインがブランクスより下に来るほどの限界を超えた曲がり。
 
ラインとブランクスがギチギチと擦れる音。
 
根まであと数十cmの距離まで迫るタマン。
 
一瞬も気の抜けない力と力のガチンコ勝負。
 
そして金色輝きブルーのラインが綺麗な浜の王者を手にする瞬間…。
想像してみてください…


タマンねぇ~なっ!!😆
 
 
そんな状況でも折れずに耐えてくれるFishmanロッドの粘り強さは、ギリギリの状況でも落ち着いてファイトを見極める心の余裕を残してくれます😁👍
 
長年カヤックフィッシングをしていて、思い描いている理想のロッドをFishmanの赤塚殿に提案してみようと企んでいて、その為にテストで持ち込んだBeams CRAWLA8.3L+にナイロンロングリーダーシステム。
8.3ftは個人的にカヤックではやはり長いと感じはしましたが、シラスベイトがメインの沖縄の夏の海。
タマン狙いで一般的に使用頻度が多い7〜9cmのライトプラグを気持ちよく遠投・ピン撃ち出来、実戦で調子と操作性、デカタマン相手のパワーチェックも出来てかなり良いイメージが湧きました😁
 
 
そしてその後は5.10MXHにオシコン301HGのガチ仕様のヘビータックルで痛恨の2ブレイク😂
 
楽しみにしていたシーズンはまだ始まったばかり!
熱く短い夏のデカタマン求め楽しんでいきたいと思います🔥
最後まで読んで頂きありがとうございました🙏
 
 
【タックルデータ】
ロッド:Beams CRAWLA 8.3L+(フィッシュマン)
リール:カルカッタコンクエスト201HG(シマノ)
ライン:CastPE2号(モモイ)
リーダー:オーシャンレコード40lb(バリバス)
ルアー:エヴォルーツ99VSP(ブレイズアイ)
魚種:タマン(ハマフエフキ)
アングラー:照屋聖太
 
【Fishmanアパレル】
アパレル:防虫クイックドライパーカー
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506687
グローブ:夏用5フィンガーレスグローブ
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152507087

関連ページ


Beams CRAWLA8.3L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA8.3L+記事一覧はこちら

イベント

10/9-10 上州屋新長岡店様 展示受注会

Facebook