Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

生涯忘れられない1匹

time 2021/10/11

初めまして、渡辺智浩です。
10月からFishmanテスターを務めさせていただくことになりました。
よろしくお願いいたします。

今回は最近の釣果の中で、最も記憶に残った真鯛を釣り上げた時のお話をさせてください。

この日は当初、沖磯行く予定で仲間と向かいましたが、急遽近くの漁港で釣りをすることに。
この漁港は前にイナダやショゴを釣ったこともあり、ハタやイカの釣れる場所でもあったので、沖磯に行けなかった仲間に少しでも恩返しができればと向かいました。

使うタックルはBeamsCRAWLA9.2L+にスティーズATW。これに1012SV浅溝スプールを入れ、PE1号を200m。
防波堤につきすぐ後ろや隣にも釣り人がいたりするので、長すぎず・短すぎず・硬すぎず・柔らかすぎずなこのロッドですと、5gのジグ単でのライトロックから10g〜30gまでのスーパーライトショアジギングまで幅広く対応できます。

漁港に着くと雨が降っていたこともあり、そんなに人も多くなく、いいポイントを確保。

潮もよく動いて潮目もたくさん!
「これは何か出そうな感じ!」と期待してワーム投げていると中層で「グン!!」という重み。
上げると30センチのオオモンハタ。
そのオオモンハタを仲間がが絞めてクーラーに入れてくれている間に40オーバーのゴマサバヒット!!
クローラがぶち曲がる!!
しかしながら、しなやかなティップからベリーで鯖の動きを誘導し、余裕でキャッチ。

これは続くか?というところで潮が止まり、大雨で一度車に戻って仮眠をとることに。

1時間ぐらいすると雨も止み、潮も動き始めたので、「もうワンチャンあるかも」と再びロッドを振っていると、

コツン!と何かがワームをつつく。
これはベイトかな?

コツコツ・・・ん?

コツコツコツ・・・何だ?何だ?
何かが摘んでいるような感触が伝わる。

・・・ゴゴゴン!!!!!!

CRAWLAが一瞬でもってかれる!!ドラグが止まらない!!
やばっ!!!!でかいぞ!!

潜る方向にロッドを倒して相手の動きが緩んだ隙に、一気に方向転換させて手前に向かせる!
Fishmanのロッドは強靭なバットを持っているが、ティップからベリーにかけては魚の挙動がわかるくらいしっかり曲がって情報をくれるので、冷静に対応できる。
今度はスルスルと、こっちに向かってきて、手前でまた潜ろうとする魚!

目の前は沈みテトラで潜られたらアウト!

テトラの端でリーダーが擦れる!

初めてクローラのバットがぶち曲がった!!
それでもバットを信じて耐える。

「出てこい、出てこい!!」

ふっと相手が向きを変えた。

ロッドを下げて相手がフリーになった瞬間、一気に上を向かせてぶち上げる!!

「出てきた!!」

「真鯛だ!!!!!!!!」

美しい虹色の瞳とヒレをキラキラさせながら、目の前に来た姿はあまりにも美しくてまるで貴婦人のようだ。

しかし、上げようにも近くにタモがない!

それを見た仲間が息を切らせながら駆けつけ、タモ入れしてくれた。

僕たちの勝ちだ!
真鯛
その瞬間2人で歓喜のグータッチ!

今までの釣行で、こんなに幸せな瞬間があっただろうか。

全ては嫁が誕生日に買ってくれたCRAWLA9.2L+とスティーズATWがあって、ラインを提供してくれたDUELさん、ハンドルを提供してくれたゴメクサスさん、沖磯行けないのに最後まで付き合ってくれて走ってタモ入れしてくれた仲間のおかげだ!
そして周りの人たちからも祝福されて、もう泣くしかないでしょ!

真鯛57センチ!!
真鯛
一生忘れられないメモリアルフィッシュになりました!!

【タックルデータ】
ロッド:BeamsCRAWLA9.2L+(Fishman)
リール :スティーズATW(DAIWA)
ライン:HARDCORE X4 PRO 1号(DUEL)
リーダー:HARDCORE POWERLEADER CN 5号(DUEL)
ルアー:デカカリシャッド(COREMAN)
フィールド:静岡県
魚種:真鯛
アングラー:渡辺智浩

関連ページ

Beams CRAWLA9.2L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA9.2L+関連記事はこちら

イベント

次回イベントをお待ちください。

Facebook