Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

CORK150の活躍を振り返る~サワラキャスティング編~

time 2021/11/16

飛距離抜群で水面直下も狙えるCORK150は、オフショアキャスティングゲームでも大活躍。
広島AUX木村による、自己記録のメーターサワラに出会うまでのドラマ。

青物がショアから上がっているということもあったので、BRIST comodo7.5Hとルアーも数個ほど持ってきていた夕マズメ。
コノシロが入っているということもありビックベイトや青物プラグを投げること、イワシが入っていれば小さいミノーなども扱え、飛距離も十分出せ、青物とファイトするにもパワーがあって負けない、そんな理由からBRISTcomodo7.5Hを選択。
 
結んだルアーはFishmanのプロトジョイントミノー!
ショアから釣れているルアーはミノーが多いですがコノシロが入っているならこれにも反応があるはず…と思いルアーをキャスト!
 
ルアーを投げ始めて10分ほど経った時突然バイトは訪れました!
「マジか!こんなに早くヒットするなんて」
と思った次の瞬間、ブリの重い引きではなく、水を切り裂くように速いファーストランが始まる。
 
これは…非常にまずい…。
そう、この正体は少し太めラインだろうがラインカッターのような歯でルアーを切っていくアイツだ。
プロトなので切られるわけにはいかない…しかしまさかの魚が掛かってしまった!
とにかく切れないでと願いながらドラグもいつもより弱くし、ゆっくりゆっくりとファイト。
魚が首を振ったり走るたびに心拍数が跳ね上がる…。
走られては寄せてを繰り返しながら少しずつ距離を詰めて行く。
 
ついにその魚体が見えた!
やはりサワラだ!!しかもデカイ!!
ネットを準備しようとすると、網が船のパーツと絡まってしまっていた…。
流石に片手でファイトしながら解くほどの余裕はないため、フィッシュグリップでランディングすることに。
 
そして見事に1発で成功!!
サワラ
船にあげ、自己記録なのは確信のサイズ。
メジャーに当てると…なんとなんとまさかのメーターオーバー!
サワラ
余裕の自己記録更新でした!
 
しかも自身初のサワラのメーターオーバーがBRIST comodo7.5H×Fishmanプロトジョイントミノーでのキャッチとなりました!
サワラ
今回は青物で使用しましたがシーバスにも効果絶対となりますので、発売をお楽しみに!
 
 
【タックルデータ】
ロッド:BRISTcomodo7.5H(Fishman)
リール:カルカッタコンクエスト300(SHIMANO)
ライン:FishmanPEライン2.0号プロト(Fishman)
リーダー:シーガーエース8号(シーガー)
ルアー:CORK150(Fishman)
フィールド:広島県
魚種:サワラ
アングラー:木村匠

【着用アイテム】
アパレル:シェルジャケット(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506744
帽子:アミュレットフィッシュニットキャップ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506885

CORK150


CORK150製品ページはこちら
CORK150関連記事はこちら

BRIST comodo7.5H


BRIST comodo7.5H製品ページはこちら
BRIST comodo7.5H関連記事はこちら

イベント

2022/01/21-23 釣りフェスティバル2022

Facebook