Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

Fishman CORKはセッティング次第で自由度の高い攻めが可能!

time 2021/12/01

こんにちは、高知の高木です!
Fishman初のビッグベイト、CORKが漸く発売となりました。
CORK
発売から間もないですが、既に全国各地で素晴らしい釣果が上がっていますね。😄
既にコークを使って頂いた方は2連結プラグとは思えぬ飛距離に驚かれたことと思います。

飛距離もさることながらこのコーク、泳ぎも中々優秀で、泳ぎの質はブリブリと大きくお尻をふってアピールするウォブリング系、フックサイズやウェイトチューンによってアクションの大きさやレンジを自由に変えられる自由度の高いルアーでもあります。

スローなただ巻きやアップやクロスで流す様な釣りをする場合はパッケージのままの設定でフックは#2。

ルアー先行でダウンへと流し込む場合や、早巻きで使うときはフロント側のフックを#1〜#1/0、テールフックを#1へと番手を上げてやることで動きが破綻しづらくなります。
(テールフックに対してフロントフックを大きくする事で安定性が増します。)

セッティング次第であらゆる状況にマッチした攻めが展開できるのがコークの大きな強みです。
特に、ダウンにルアーを入れてドリフトさせても釣れるアクションを保ったままのジョイントベイトと言うのは中々無いのではないでしょうか。🤔

私がコークを使用する時は、もっぱらダウンドリフトなのですが、フックセッティングに加えて板錘でウェイトを追加してやる事でレンジさえも自由に変えることが出来るので重宝しています。

春、居残りのコノシロが溜まるオープンウォーター。
ダウンドリフトでボトムを流してメーターオーバーのアカメをヒットさせることが出来ました!!
アカメ
アカメ
アカメ
アカメ
飛距離、アクション共にストレスを感じることが無く投げ続けることが出来るので、オープンウォーターでこそ使って欲しいビッグベイトですね。
是非、皆様も新たな一手としてコークを試して見て下さい。

【タックルデータ】
ロッド:BRIST MARINO9.9Hプロト(Fishman)
リール:アンタレスdcmd(SHIMANO)
ライン:xbraidx4 3号(YGK)
リーダー:ace 40lb(Seaguar)
ルアー:CORK(Fishman)
フィールド:高知県
魚種:アカメ
アングラー:髙木響

【着用アイテム】
帽子:アミュレットフィッシュニットキャップ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506885

BRIST MARINO9.9H

BRIST MARINO9.9H関連記事はこちら
プロトロッド関連記事はこちら

関連ページ


CORK150製品ページはこちら
CORK150関連記事はこちら

イベント

2022/01/21-23 釣りフェスティバル2022

Facebook