Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

メバル、アジにデカイカまで!LOWER6.2Lで気軽に楽しむライトソルトゲーム(後編)

time 2021/12/27

前回6.2Lでなんとソデイカまで釣ってしまった、ノープランのデイゲーム(前編)に続き、
https://fishmanrod.com/211222_watanabe
出張先でのローワー6.2Lを用いてのノープラン、ライトゲームの様子をお送りしたいと思います。

今回は、ナイトでのメバルに絞ったゲームからスタート。

ポイントに到着すると、昼間とは明らかに違う・・・・・大型個体がいるではありませんか!?

ミオ筋からブレイクが続き、沖からの回遊ルートに直結する防波堤の基礎部分を、スイミングで通すと「GON!」。

ハタか何かのバイトかと思わせるツッコミに戸惑うも、現れたのはなんとメバル!
メバル
これが自己記録の大型のメバルとなりました。

メバルの産卵時期に差し掛かるこの季節!

続に言う、プリスポーンダイナマイト。何というか、琵琶湖のバスと考え方一緒ですねぇ。

この後も大型個体が4本と、ナイトゲームを満喫。

自身、これまで年間通して専門にメバルをしていたわけではないのですが、

冬季はトラウトと合わせ、メバルを楽しんでおりました。
メバル
季節に合わせた釣り物が海には多く、魚種を変えつつ楽しめば1年!

有意義に過ごすことができるのも海の楽しみの一つですね。

これだけでは終わらず、JHをスローリトリーブで引いているときに

黒いものが波打ち際でバイトし、これまた自身初物!

黒いボディーに白いスポット「こりゃお洒落だぁ(笑)」

仲間から教えてもらい、「アミモンガラ」というカワハギの仲間だと判明!
アミモンガラ
「何が釣れるかわからない!」そんな「ワクワク感」がある釣りに、前回同様ローワー6.2Lはベストマッチですね。

近距離を手返し良く、正確に撃ちぬくことができるのはもちろん、高い操作性はミノー操作やワインド等もこなせ、足元を狙う釣りにもストレスフリーで対応できます。

護岸際などの人工物の際を削っていくような攻め方にも、良い感じで使用することができました。

淡水での釣りが基本多い僕にとって、海は色々と手探りで楽しめる場所!
メバル
今回も良い経験をさせてくれた魚達は、全てリリースで海へ帰っていただきました♪

【タックルデータ】
ロッド:Beams LOWER6.2L(Fishman)
リール:アルファスエア(ダイワ)
ライン:フロロカーボン3lb(シーガー)
ルアー:小型ブレードスピン JH
フィールド:京都府
魚種:メバル・アミモンガラ
アングラー:渡辺明弘

【着用アイテム】
ベスト:ゲームベスト(Fishman)
→https://www.fish-man.com/gamevest.html

Beams LOWER6.2L


Beams LOWER6.2L製品ページはこちら
Beams LOWER6.2L関連記事はこちら

イベント

2022/01/21-23 釣りフェスティバル2022

Facebook