Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

2021年の記憶に残る魚達

time 2021/12/30

皆様こんにちは。
大分県テスターの梶原です。

2021年も年の瀬。
1年間という時間は、本当にあっという間に感じます。

今年一年を振り返ると個人的には仕事が本当に忙しく、なかなかフィールドに出ることが出来ない期間もありましたが、11月半ばあたりから徐々に余裕が生まれてきました。

仕事では転機を迎えた一年だったように思います。

釣りはというと多忙さから釣行回数はやや減少したものの、時間さえあればフィールドに足を運ぶというスタンスは変わりませんでした。
時間が無かった分、とにかく効率を考えて動いた1年間だったように思います。

さて、今回は一年間の締め括りということもあり、2021年私の記憶に残った魚という観点で2021年のメモリアルフィッシュTOP3を紹介したいと思います。

まず、3位はデイゲームにて、CORKで飛び出たシーバス。
シーバス
この魚はサイズというよりバイト丸見えで非常にエキサイティングだったことが、強く自分の記憶に残っている魚です。

艶めかしいCORKのアクションに、下から突き上げるようにバイトしてきたシーンは自分の中でインパクトがありましたので第3位になりました。

因みにこの時使用していたロッドはBeams RIPLOUT7.8ML。
表記は30gですがCORKもバットに乗せてあげればキャスト可能です。

ショートレングスのモデルでCORKを思い切りフルキャストしたい場合は個人的なオススメで言うとComodo7.5HやComodo6.10XHですね。
非常に扱いやすいと思います。

冬では私の場合、広いオープンエリアでの釣りがメインです。
その中でCORKを投げることも多いですが、このようなエリアではやはり飛距離が必要となってきます。

CORKの大きな魅力の一つが、ジョイントの大型ミノーでありながらも飛距離が出るという点。

この点を最大限活かす為にも、オープンエリア等々の飛距離が必要とされるシーンに於いてやはり長尺モデルのロッドを使用します。

現在CORKを遠投する為に使用している長尺モデルのロッドはVENDAVAL10.1MとMARINO10.6MH。

CORKに限らずですが、飛距離性能が高い2機種ですので、より遠くにCORKをキャストしたい場合にオススメです。

ちょっと脱線してしまいましたが、
続きまして、第2位は5月に釣った88cmのランカーシーバスです。
シーバス
サイズも良かった魚でしたが、何より体高のある魚でFishmanのメジャーからはみ出すんじゃないかという程コンディションの良い魚でした。

これを2位にした理由は5月という時期に、このような体高のある魚は過去釣ったことがなく、初めての経験で非常に自分の中で記憶に残った為です。

秋の産卵前に落ち鮎パターンやコノシロパターンで釣った魚であれば、体高のあるこのようなコンディションの魚に出会うことも時折ありますが、5月という早い時期では初めて。

この季節にこんなコンディションの魚がいたということに驚いた魚でした。
シーバス
この時使用していたロッドは3位と同じくRIPLOUT7.8ML。
不意の大物にしっかりと対応してくれます。

第1位の前に···
トップ3位には入らなかったものの番外編で9月に釣ったマゴチ。
マゴチ
こちらは単純にサイズですが、60UPということで、驚いた魚でした。

この魚を連れてきてくれたのはVENDAVAL10.1M。

鉄板TRACY使ったボトムの釣りをやっていての釣果でしたが、VENDAVAL10.1Mはただ飛距離を出すということに留まらず、感度にも優れている為、ボトム感知能力も高く、ボトムの釣りにも適しています。

マゴチも60cmを超えてくると本当によく引いてくれますね。

シーバス狙いの中で釣れたゲストでしたが、嬉しい一本でした。

そして、2021年メモリアルフィッシュ
第1位は···11月に釣ったナイトブリです!
ブリ
勿論朝マヅメや日中にショアやオフショアで釣ったことはありましたが、ナイトで釣ったのは人生初で、この魚が今年一番記憶に残る、まさに自分の中でメモリアルな一本となりました。

こちらもシーバス釣行の際にシーバスに混じって釣れてくれたのですが、Blooowin!140Sをキャストし、数巻きしたところで突如強烈なバイトがあり、何が掛かったか上げるまで、正直全く分かりませんでした。

全く予想していない、不意の一発大物。
長い間釣りをしているとこんなこともあるんだなぁと、しみじみ感じる魚でしたね。

ブリ
この時使用していたロッドはVENDAVAL10.1M。

90cm手前のブリでしたが、全く慌てることなく、余裕を持って対処出来、改めてVENDAVAL10.1Mのバッドパワーを体感しましたし、このような不意の大物が掛かっても安心感がありました。

本当にまさかの一本でしたので、こちらを第1位に選びました。

この記事を書いている今はまだ2021年が数日残っていますので、まだまだ最後に良い魚を出したいなと思っているところです。

私のシーバスの自己ベストは年末の12月30日に出していますので、2021年の最後に良いことないかな?と密かに期待しているところです。

皆様本年も記事をお読み頂き本当にありがとうございました!

来年度もしっかりと書いていきたいと思っておりますので、何卒宜しくお願い致します。

目の前に迫る2022年。
皆様にとって良い1年になりますように。

【タックルデータ】
ロッド:BRIST VENDAVAL10.1M、Beams RIPLOUT7.8ML(Fishman)
リール:morethan PE 1000XHL-TW(DAIWA)、カルカッタコンクエストDC201HG(SHIMANO)
ライン:レジンシェラー2.0号(山豊テグス)
リーダー:フロロショックリーダー 30lb.、35lb.(山豊テグス)
ルアー:CORK(Fishman)、TRACY25、シャローランナー125プロト、 Blooowin!140S(BlueBlue)
フィールド:大分県
魚種:シーバス、マゴチ、ブリ
アングラー:梶原利起

【着用アイテム】
ベスト:ゲームベスト+ウエストサポーター+メジャーケース(Fishman)
https://www.fish-man.com/gamevest.html

BRIST VENDAVAL10.1M


BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

Beams RIPLOUT7.8ML


Beams RIPLOUT7.8ML製品ページはこちら
Beams RIPLOUT7.8ML関連記事はこちら

イベント

2022/07/11-18 フィッシングエイト大坂南店様展示受注会(展示のみ) 2022/07/24 ブルーマリン様展示受注会(赤塚・小野) 2022/07/31 サマーフィッシングフェスタin庄内(赤塚・小野)

Facebook