Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

晩秋の新北上川を楽しむ

time 2022/01/03

こんにちは宮城の小村です。連日寒い日が続き、例年よりも遅めの積雪を観測し、いよいよ本格的な冬が到来といった感じで、毎日過ごしています。

さて、少し前の話になりますが、リバーシーバス終盤戦。
私が通う北上川水系では、気候や水温の関係からか、毎年10~11月の大潮後からバチが抜け、パターン化されており、多くのアングラーで河川は賑わいます。
そして、同時期にサヨリパターンを楽しむこともできるのもこの時期のポイント。
しかしながら多くのアングラーが楽しむパターンを横目に私は、落ち鮎やイナッコ、ハゼといった大きめのベイトに付いているシーバスを狙い楽しんでいます。

もちろん、バチやサヨリに付いているシーバスを狙った方が数は釣れますが、サイズを選べないというのが個人的に思っているところ。
そのためそれ以外の大きめのベイトに付いたシーバスを狙い、ここ数年はフィールドへ通っていました。
大きめのベイトに付いているシーバス狙いにこだわる理由として、出たらシーバスのサイズがデカイことと、大きいルアーを使えるというこの2点が挙げられます。

この日のポイントは沖のブレイクで、流芯を狙う為BRIST VENDAVAL10.1Mの一択。
大きめのルアーを遠くへキャストできること、シャローエリアでストラクチャーや沈んでいる流木等がないので、無理を必要としないということもあり選択しました。
ただ、1㎜もドラグを出せず、飛距離が必要なポイントなら間違いなくMARINO10.6MHを選択したと思います。

流れが出だし、ベイトも動き出し、なんだかザワザワしてる感じ。
いつも通り、ルアーをアップクロスから、ライン先行でブレイクへ流し込む。
ベイトが流れてくるのを待ってました!!とばかりにルアーにバイトし、水面が割れる瞬間は気持ちいいですよね。
シーバス
特に大きめのルアーで反応を取れるというのがたまらなく、やめられません(笑)
こんな感じで晩秋は楽しんでいました。

VENDAVAL10.1Mは、磯ロック、サーフゲームやリバーシーバスゲームまで、幅広く使えるロッドとなります。
シーバス
色んなシチュエーションで楽しんでくださいね。

【タックルデータ】
ロッド:BRIST VENDAVAL10.1M(Fishman)
リール:アンタレスDCMD XG(SHIMANO)
ライン:PEレジンシェラー 3号(山豊テグス)
リーダー:耐摩耗ショックリーダー 25lb (山豊テグス)
ルアー:スウィングウォブラー145Sライト(ポジドライブガレージ)
フィールド:宮城県
魚種:シーバス
アングラー:小村一徳

【着用アイテム】
ベスト:ゲームベスト+ウエストサポーター+メジャーケース(Fishman)
https://www.fish-man.com/gamevest.html
ポーチ:Fishmanカメラポーチ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152489009
帽子:フラットビルキャップブラック(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506892

BRIST VENDAVAL10.1M


BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

イベント

2022/07/11-18 フィッシングエイト大坂南店様展示受注会(展示のみ) 2022/07/24 ブルーマリン様展示受注会(赤塚・小野) 2022/07/31 サマーフィッシングフェスタin庄内(赤塚・小野)

Facebook