Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

ヘンな釣りばかり!?2021年を彩ってくれたメモリアルフィッシュとドラマ3選

time 2022/01/06

今回のテーマは2021年メモリアルフィッシュ。
お魚自体に順位をつけるのは個人的にあまり好きじゃないので、今回はそこに至るまでのドラマに焦点を当てて、3つ選んでみました。

ラストチャンス!尖らせに尖らせたメソッドで掴んだマダイ

Fishmanユーザーの方からお聴きした話がもとで興味を持ったのが、inte7.9ULを使ったタイラバ。

渋い状況の中での、沖上がり15分前のラスト流し。
タイラバでバイトが集中する投入~着底から2回目までの巻き上げに集中するため、3回目以降のフォールは切り捨てて回収。
そのかわり中層が終わるまでしっかり巻く。
タイラバではどちらかと言えば一般的ではない、エクストラハイギアのリールを合わせたのも回収速度を上げるため。
名付けてハイスピードタイラバ。
「タイラバはローギア」という通説とは逆を行く、尖らせに尖らせたメソッドでしたが、ラストチャンスで遂にバイト!
マダイ
簡単には振り向いてくれないターゲットに、試行錯誤を繰り返し、それがハマったときの快感。
まさに釣りの醍醐味を味合わせてくれたマダイでした。

【タックルデータ】
ロッド:Beams inte7.9UL(Fishman)
リール:HRF PEスペシャル(DAIWA)
ライン:ピットブル4 #0.8号(SHIMANO)
リーダー:グランドマックスFX #3(シーガー)
ルアー:セブンスライド100g(ガイドサービスセブン)

詳細はこちらの記事で

尖らせたメソッドでチャンスを生み出す”ハイスピード・タイラバ”

今年もベイトエギングで出会えた、キロオーバーのアオリイカ

壱岐アオリイカ解禁日の遠征も2021年で4年目。
例年LOWERで挑んでいたベイトエギングですが、2021年はテスト中の7.10LHTSで挑戦。

ラインを通したまま素早く畳めるのでランガンはもちろん、ロッドを持ったままだと入りにくいポイントへのエントリーも、より簡単になりました。

今回入ったポイントは、テレスコじゃないと行き来しづらい石堤防脇の、人一人が立てる小さな岩の上。
その上に立ちながら地合いを狙ってキャストを繰り返し、潮が止まるか否かの狙いすましたタイミング。
わずかにモゾ付いたアタリをロッドがしっかり伝えてくれ、遂にフッキング!
アオリイカ
夏イカ特有の元気のある勢いのある強い引きで、7.10LHTSを綺麗に曲げつつ堪能し、今年も出会えたキロオーバーのアオリイカ。
アオリイカ
アオリイカ
ベイトエギングであることはもちろん、特にプロトロッドの利点を最大限活かして獲れた、忘れられない一杯でした。

【タックルデータ】
ロッド:Beams Xpan7.10LHTS※プロト(Fishman)
リール:HRF PEスペシャル(DAIWA)
ライン:ピットブル4 #0.5号(SHIMANO)
リーダー:グランドマックスFX #1.75号(シーガー)
ルアー:イージーQ® キャスト 喰わせ ラトル3.5号(DUEL)

最高の2021年をスタートさせてくれたオオニベ

3年目となる宮崎オオニベチャレンジ。
前シーズン1月2月と通い詰めるも、遂に届かなかったショアからのオオニベ。
年末に中ニベを経て、さらに一日粘って漸くオオニベに届いたものの、チャンスがあるなら更に挑戦したいのはアングラーの性。

ロッドはオオニベ相手に絶大な信頼を寄せているマリノ106MH。
トラブルレス優先で強めにブレーキをかけても、必要十分以上の飛距離をコンスタントに出せるのが強み。
魚と真正面からファイトできるパワーもあるので、隣のアングラーとの距離が近くなりがちな年末年始のハイシーズンにピッタリな一本。
リールはロマン最優先で、KENさんからのクリスマスプレゼントのリョウガシュラプネル(笑)
どうしても、このリールで釣りたかったんです…

そうしてお邪魔していた宮崎県で、緊急事態宣言発令の1日前。
“マジで釣れない魚”相手に”憧れたタックルで”ロマンを追い求め、ラストチャンスで掴んだ2021ファーストフィッシュ…。
オオニベ
絶対に忘れられないドラマを連れてきてくれた、オオニベに只々感無量でした。

【タックルデータ】
ロッド:BRIST MARINO 106MH(フィッシュマン)
リール:リョウガ シュラプネル C3000H(ダイワ)
ライン:ピットブル4 #2号(シマノ)300m+150m
リーダー:グランドマックスFX #8(シーガー)
ルアー:撃投ジグ レベル 40g

詳細はこちらの記事で

イバラの道を突き抜けた向こう側へ。対モンスターオオニベ用『ロマンタックル』の戦闘証明

最後に

振り返ってみると、我ながらヘンな釣りばっかりやっていた2021年(笑)
2022年も良いドラマに出会えるよう、色々な釣りにチャレンジして行きたいですね。

魚種:マダイ、アオリイカ、オオニベ
アングラー:久池井明

Beams inte7.9UL


Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

Beams Xpan7.10LHTS


プロトロッド関連記事はこちら
Beams Xpan7.10LHTS関連記事はこちら

BRIST MARINO10.6MH


BRIST MARINO10.6MH製品ページはこちら
BRIST MARINO10.6MH関連記事はこちら

イベント

2022/10/08~09 上州屋新長岡店様 展示受注会(西村) 2022/10/02  キャスティング鹿屋店様 展示受注会(上宮) 2022/10/17~23 上州屋新福井店様 展示受注会(展示のみ) 2022/10/22~23シーバスパーティー2022(赤塚・上宮・小野) 2022/10/30シーバスフェスタ2022(鈴木・小野)

Facebook