Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

厳冬期の大分シーバス

time 2022/03/01

皆様こんにちは。大分県テスターの梶原です。
今回は昨年12月の釣行のお話をさせて頂きます。
12月になると私の居住する大分県も、九州地方とはいえ氷点下まで気温が下がることも珍しくはなく、非常に寒さが厳しい季節。

今冬は例年通りシーバスを軸に釣行しつつ、この時期熱くなるライトゲームに時折足を運んでいました。
(ライトゲームのお話しはまた次回以降に)
私の冬のメインは、大場所のオープンエリアで流れの変化に着く魚や回遊してくる魚を狙う釣り。

この釣りでは大場所ということもあり、可能な限り遠投できた方が探れる範囲が広がり、有利となります。
従って長尺モデルのVENDAVAL10.1MやMARINO10.6MHの出番が多いです。
両モデル共に2oz程度のルアーをキャストすることも可能で、通常のシーバスルアーの殆どは扱えます。
特にMARINO10.6MHは、表記上でも70gまでキャスト可能でショアジギングも使用可能なモデルとなります。

私の場合は2ozを超えるようなルアーをキャストする可能性がある場合や、2oz程度のルアーをフルキャストする可能性がある場合はMARINO10.6MHを選択。
10g〜30g程度のウエイトを扱うルアーがメインの場合はVENDAVAL10.1Mを使用しています。

12月は小さなヒラスズキの釣果が多かったものの、マルのランカーにも出逢えました。
ルアーは飛距離を稼げるBlooowin!165F-Slimを主体に喰いが渋い場合は細身のBlooowin!125F-Slimを用いることが多かったように思います。

狙い所として流れの変化、潮目、流れの中。
回遊の魚を狙う釣りということで粘りも重要であると思うところ。
釣り自体はシンプルで極力遠投し、アップクロス〜クロスでルアーを入れて、流す。

前述したBlooowin!165F-Slimの他にも、状況に応じてガボッツ150やBlooowin!125F-Slimをチョイス。
それでも渋い場合はソフトルアーのジョルティミニで、ようやく釣果を出せるタフな状況もありました。

12月は後半になるにつれ、状況としては厳しくなったものの、魚の顔を見ることは多かった印象です。
勿論、地域差は大きいとは思いますが、この寒い時期でもしっかりとポイント選択を行なえば魚には出逢えると確信。

寒いながらも非常に楽しめた時期だったように思います。

【タックルデータ】
ロッド:BRIST VENDAVAL10.1M、BRIST MARINO10.6MH(Fishman)
リール:モアザンPE 1000XHL-TW (ダイワ)
ライン:レジンシェラー2.0号(山豊テグス)
リーダー:フロロショックリーダー 35lb(山豊テグス)
ルアー:Blooowin!165F-Slim、Blooowin!125F-Slim、Gaboz!!!150、JOLTYmini14g(BlueBlue)
フィールド:大分県
魚種:シーバス
アングラー:梶原利樹

【着用アイテム】
ベスト:ゲームベスト+ウエストサポーター+メジャーケース(Fishman)
https://www.fish-man.com/gamevest.html

BRIST VENDAVAL10.1M


BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

BRIST MARINO10.6MH


BRIST MARINO10.6MH製品ページはこちら
BRIST MARINO10.6MH関連記事はこちら

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023 2023.03.05 ほくりくフィッシングフェスタ2023 2023.03.11~12 THE KEEP CAST 2023.03.18  西日本釣り博2023

Facebook