Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

ULロッドでマダイを狙うミドルゲーム

time 2022/03/07

皆さんこんにちは。
広島AUXの木村です!!

前回、真冬のミドルゲームにチャレンジし、不思議な力のおかげ?で釣れたマダイ。
しかし、それだけで終わるにはもったいない…冬にもマダイが釣れるなら狙わないわけにはいかない!

と、いうことでこの日もいつもと同じタックルを使用。
Beams inte7.9ULにアルデバランBFS。
そしてPE0.6号にリーダーは2号を3ヒロほど長めにとっています。

タイの他にメバルやカサゴ、キジハタなどもかかったり、手前のかけ上がりにタイが突っ込んだ際にも、ロングリーダーを入れておくことでPEが岩に直接触れ切れる可能性を下げることができます。
さらにボトムを攻めて傷ついたリーダーを切って結び直したとしてもまだまだ余裕があるため、短くなったリーダーを組み直す回数も減るだけでなく、ベイトタックルなのでロングリーダーを組んでいたとしてもキャストの邪魔にもならない!
これはベイトタックルならではの利点です!

使用するジグヘッドは3〜10gで、ワームのサイズは2〜3インチの間のものを用意しています!
メインに使用する重さは5〜7gですが潮が緩い時には軽くし、流れがキツくなったり風が少し強くなったりすると10gを入れたりします!

7gがある程度潮が早くてもボトムを取りやすく、流れ方などを掴みやすいためこの重さからスタートすることが多いです!

まずは潮の流れを掴むためにいつもと同じく7gにベイティ2.3インチをセット。
キャストしボトム着底後アクションを加えると底潮が効き始めた感じ。
スカスカと抜ける感じでもなく流れすぎてリグが持っていかれる感じでもない、いい潮の重たさがロッドを通して伝わってくる

「これは釣れそう…」

1投目の最初のアクションでそう感じ取ったためアクションをかけた後にくるバイトを逃さないよう、集中力を高めて待っていると引ったくるような強いバイト!

フッキングを入れると同時に始まった強い首振り!
マダイの引きでBeams inte 7.9ULが綺麗な弧を描きファイトをじっくりと楽しむ!

そうしてランディングしたのは40センチの綺麗なマダイ!
潮の感じからして「釣れそう!」と思った直感は間違いなかったんですが、ポイントに着いてまさか1投目でHITするとは思わなかったので驚きを隠せなかったです…

しかし、こんなこともあるのが釣り
そこがまた面白いところですよね!

興味がありましたら是非皆様も、冬マダイを追いかけるミドルゲームにチャレンジしてみてください!

【タックルデータ】
ロッド:Beams inte7.9UL(Fishman)
リール:アルデバランBFS(シマノ)
ライン:セフィア8 0.6号(シマノ)
リーダー:シーガー 2号(シーガー)
ルアー:ベイティ2.3インチ(INX.label)
フィールド:広島県
魚種:マダイ
アングラー:木村匠

【着用アイテム】
帽子:アミュレットフィッシュニットキャップ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506885

Beams inte7.9UL


Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

カテゴリー「タイ類」の人気記事TOP5

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023 2023.03.05 ほくりくフィッシングフェスタ2023 2023.03.11~12 THE KEEP CAST 2023.03.18  西日本釣り博2023

Facebook