Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

シーバスシーズン開幕!潮目の中にルアーをできるだけ留めておいて…

time 2022/03/29

皆さんこんにちは。
愛知のフィールドテスター柿本です。

さてようやくシーバスが産卵から戻ってきました!

この時期から私はメバルとシーバスの板挟みで大変忙しくなります。この日はメバルというよりもシーバスチャンス!

ロッドをULクラスから「BRIST comodo7.5H」に持ち替えてアフターシーバスに臨みます。

地形的にロングロッドは取り回し悪いので7.5Hを選択したわけですが、このロッドがまたよく飛ぶんですよね。そして、グリップが体に干渉しないので快適に釣りができます。

潮目が近づいてきたタイミングを見計らってダウンにキャスト。潮目の中にできるだけルアーを留めておいて、ベイトを探しまわるシーバスに見つけてもらう…という作戦です。

回遊系シーバスなんで時間かかるかと思いましたが5分くらいであっさりヒット。というか一投目でした。

長さの割に飛距離が出るのが7.5Hのいいところですね!

手前にはストラクチャーが眠っているので掛かりとパワーを信じてゴリ巻きファイト!ずり上げた瞬間にフックオフ…危なかった…

その後は連発とはいきませんでしたが、ぽつぽつ釣れて開幕を感じさせてくれる釣行となりました。

【タックルデータ】
ロッド:BRIST comodo7.5H (Fishman)
リール:STEEZ A TW(ダイワ)
ライン:PE2号
リーダー:フロロリーダー20ld
ルアー:ユニフォース100F(LEGARE)
フィールド:愛知県
魚種:シーバス
アングラー:柿本岳志

BRIST comodo7.5H


BRIST comodo7.5H製品ページはこちら
BRIST comodo7.5H関連記事はこちら

 

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023 2023.03.05 ほくりくフィッシングフェスタ2023 2023.03.11~12 THE KEEP CAST 2023.03.18  西日本釣り博2023

Facebook