Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

未知の開拓・春の磯のモンスター

time 2022/06/03

夏場、良く通う磯場。

普段はキジハタ狙いをするフィールドですが、今年はギガアジの大回遊中。

これ、港でなく磯だったら、すげーデッケエ、ギガアジ通り越してテラアジも狙えるんじゃ?…と思った訳です。

いや、そもそも春に磯に上がった事がほとんど無い。ぶっちゃけ、自分にとって知った場所でも、季節が違えば、それは未知の開拓となり得るのです。

未知の開拓へ…ザックには2本のロッド

折角行くならアジもやる、ロックフィッシュも狙う贅沢な釣り。後は何か、デカいの居るんじゃ無かろうか?と、ザックに詰めたロッドは、「Beams Xpan7.10LHTS」そして「BC4 8.0MH」

この2本があれば、ライトゲームから大型魚まで大体やれると思います。そして5g~10gのマイクロメタル、30~50gのメタルジグ、14gシンカーのワーム。これくらいあればルアーは十分、あとは現場で何とか工夫すれば良いかな…。

朝イチは予想通りのギガアジ乱舞。7gのメタルジグをエクスパンでちょい投げで、投げる巻くゴン!投げる着水ゴン!もうギガアジ要らない!!ってレベルの入れ食い。

あとは、何かデカいの釣れないかな…と、ロックフィッシュ狙いでワームを着けていたBC4-80MHをメタルジグ40gに付け替え、遠投してボトムタッチからのスロージギング。

朝日がそれなりに登った頃、唐突にそのバイトは来た。

着底して最初のリフト、それをカーブフォールさせてる最中、ガツっ!と硬質な感触、その直後、もう一回、『ガッキッ!』と、完全にフックを咥えたバイト。

ラインテンションを掛け、思い切りのフッキング。

その途端、バットまでぶち曲がる強烈な段引き!おぃい!80MHがここまで曲がったの、バンクーバーのキングサーモン以来だよ!

最初の数十秒~数分は、重く強い猪突猛進、底のシモリに突進する、その謎の巨大魚を押さえ込む!

とにかく重い!一回の段引きが凄まじい!この特徴あるファイト、もしかして奴か!?いやでもそれなら相当なデカブツだ。

一旦は根から引き剥がして浮かせた。

そのタイミングでFacebookのライブ配信を始め…

それでもまだまだ弱る気配は見せず…何度か根ズレもした、リーダーが心配だなぁ…

けど、こんなチャンスはそうそう無い!バラす訳にはいかない。

ドラグを調整し直し、指ドラグも駆使し、ロッドの曲がりでリーダーをいたわりながらも、強気のファイトで磯際まで寄せ、見えた魚体は一言で言えば…

「でっけええええ!」

スリットに押し寄せる波を使い、バットを支えながら、最後の勝負、陸揚げ…成功!

遂にずり上げた!巨大サイズのショアレッド!

ここまでデカい真鯛を磯でキャッチしたのは自身初の事。

撮影する手も震えました。

やはりここには、新たな地には夢があった!ザックにタックルやギアを詰め、磯場を歩き、冷たい波を受けながら、歩いた甲斐がありました。

パックロッドをメインに据えた釣り装備が、その真価を発揮してくれたと、自信を持って言える、そんな一匹でした。

【タックルデータ】
ロッド:BC4 8.0MH(Fishman)
リール : フルレンジPG left(tailwalk)
ライン:セフィアG5PE 2号(シマノ)
リーダー:HDカーボン70lb(DUEL)
ルアー:ドラッグメタルスリム40g (Duo)
フィールド:新潟県
魚種:真鯛
アングラー:西村 均

【着用アイテム】
帽子:アミュレットフィッシュ メッシュサンバイザー (オフィシャル通販限定カラー ベージュ)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506843

BC4 8.0MH


BC4 8.0MH製品ページはこちら
BC4 8.0MH関連記事はこちら

 

カテゴリー「タイ類」の人気記事TOP5

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023 2023.03.05 ほくりくフィッシングフェスタ2023 2023.03.11~12 THE KEEP CAST 2023.03.18  西日本釣り博2023

Facebook