Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

まさかの大物登場!?ライトゲームタックルでフラットフィッシュゲーム

time 2022/06/20

こんにちは、静岡の渡邉です。

最近通っている激浅ポイントで…ヒラメを釣ることができました!

濁りが入った状況でまさかの…

この日は雨上がりの大潮、満潮潮止まりまであと1時間のタイミングで入りましたが、濁りがすごくいつも塊で水面を漂うハクの姿もあまり見えない状況。

湾奥なので底荒れすることはないですが、満潮時以外は干上がるくらい激浅になるため釣りが成立するのは満潮挟んだ3時間がいいところ。

これは今日は厳しいかなとしばらく眺めていると、たまに水面にハクの塊が上がってきて何かに追われてる。

これはイーターも入っていて下の方にいるなと推測し、いつものBeams inte7.9ULに16アルデバラン、PE0.6号リーダー1.5号を用意して底ギリギリをトレースできるよう3gのジグヘッドにミドルアッパーをつけ遠投し、出来るだけ底から離さないように10センチ上ぐらいをイメージして巻いていく。

すると僅かな駆け上がりのところでガツっと引っかかったような重みがかかり根がかったか?とロッドをゆっくり立てていくとゴンゴンと潜るように引いていく!

シーバスかと思い、素早くロッドを寝かせてジャンプさせないようにするが一向に上がってくる気配がない。

頭の振り方もシーバスと違う。この場所にいるイーターは他にチヌと本当に稀にヒラメが出るぐらい。

…ヒラメか!?

底を這うように潜りながら引く感じがヒラメっぽいなとゆっくりロッドで上に誘導していくと急にドラグを出して潜り出す!

これはちょっとデカくないか?

リーダーが1.5号であまり無理はできないとドラグを調整して相手の出方をみる。ナイロンリーダーを10m巻いてるので適度に伸びてダンパーの役割もしてくれてるし、ドラグも使えてる。

それにインテのバットが全く負ける感じがしない。細い柔らかいブランクスなのに大物がかかっても粘ってしっかり受け止めてくれるこの安心感はやばい!

ゆっくりゆっくり時間をかけて水面まであげてくるとやはりヒラメだった!しかもナイスサイズ!!

インテ79ULの1g以下から10gほどまで扱え、豆アジサイズから50を超えるヒラメまで楽しめる懐の深さ。

ライトゲームの域を超えて楽しめるロッドです!

【タックルデータ】
ロッド:Beams inte7.9UL(Fishman)
リール :16アルデバランXG (SHIMANO)
ライン:HARDCORE X4 PRO 0.6号(DUEL)
リーダー:APPLAUD Z06 1.5号(SANYO)
ルアー:ミドルアッパー (DAIWA)
フィールド:静岡県
魚種:ヒラメ
アングラー:渡邉智浩

【着用アイテム】
帽子:メッシュフラットキャップ(ブラック/ホワイト)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=164592027
プライヤー:ミニプライヤー極小(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152488921

Beams inte7.9UL


Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら 

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023

Facebook