Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

【ベイトタックルで親イカ狙い】そのメリットと有効性とは/ベイトエギング

time 2022/06/29

こんにちは! テスターの山田です!

ホームの福井県はとてもイカ釣りが盛んな土地で、イカ釣りの漁火は一年中水平線に臨む事ができます。イカメタルの発祥の地ともお聞きしました。

そしてショアからはテンヤや、エギングでアオリイカを狙う方々が近隣県からも大勢訪れています。当然、イカ釣りも大好きな私なので、ベイトタックルで秋の新子から冬のヤリイカやコウイカそして、春の親イカを狙い楽しませてもらっています。

今の季節は1発の大物狙い!と言いたいのですが、刺身で美味しいのは800gクラスまでだと思っているので、このサイズあたりが抱いてきてくれると有難いですねw

ベイトでエギング!そのメリットとは…

ベイトエギングのメリットとして挙げられることは、この季節のウィード攻略でしょうか。

目の良いイカの攻略法として細いラインシステムを組む事の多いエギングですが、今の時期の海藻はゴツイのでエギのロスト率がとても高くなります。コレは精神的にも経済的にもかなり痛い。何よりも自然に大変よろしく無い。

しかしベイトタックルならば、メインを太くしてもスピニングタックルよりもさほど飛距離の影響が少ない為に、ワンランク太いメインラインで挑める事です。

そして警戒心の強いイカを欺く為の3ヒロ以上のロングリーダーシステムが組めるので、リーダーだけを細くして少しでもノットの強度を稼ぐ事も可能になります。プラス、今の季節の大型エギをフルキャストしても、タカ切れによるルアーロストの軽減にも有効なのです。

クラッチをフリーにし、払い出しの流れにナチュラルに流し込み、沖のポイントへ送り込んだりと言う技の他に、数々のエギを見てきた百戦錬磨の親イカの極小イカパンチバイトの際に、とっさにクラッチを切り、テンションフリーに。イカに与える違和感をスピニングよりも素早く解消し、イカにシッカリと抱き込ませると言う技もできます。

私のロッドセレクトは親イカ狙いではBeams CRAWLA8.3L+、新子狙いではBeams inte7.9UL、冬のヤリイカやコウイカではBeams LOWER8.6Lを使っています。

この様にスピニング一辺倒だったエギング業界で、更なる戦略の幅が広がるのがベイトエギングの可能性なのではないでしょうか。是非お楽しみください♪

【タックルデータ】
ロッド:Beams CRAWLA8.3L+(Fishman)
リール:アンタレスDC(shimano)
ライン:super fire line ultra8 1.2号(Berkeley)
リーダー: R18FLUORO LTD6lb(SeaGur)
ルアー:エギ王4.5寸(YAMASHITA)
フィールド:福井県
魚種:アオリイカ
アングラー:山田 大輔

【着用アイテム】
帽子:メッシュフラットキャップ(ブラック/ホワイト)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=164592027

Beams CRAWLA8.3L+


Beams CRAWLA8.3L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA8.3L+記事一覧はこちら

イベント

2022.11.27 かめや釣具谷山店様 展示受注会(展示のみ) 2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023

Facebook