Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

【日本海のイサキSLJ】 「Beams inte 6.4UL」を持ち込んでさらにライトなSLJ(スーパーライトジギング)をAUX木村がご紹介!

time 2022/07/19

皆さんこんにちは!広島AUXの木村です!

今年も日本海でのSLJ(スーパーライトジギング)へと行ってきました!

ちなみに、昨年はBeams LOWER 7.3Lを使用してこの釣りにチャレンジ!

その時の様子がこちら→https://fishmanrod.com/210802_kimura

今年は釣行日が近づくにつれ、昨年使用した25〜30gよりも軽いジグでもこの釣り楽しめるんじゃないか…と思うようになり、アンダー15gのジグを投入してみようと。そこで、LOWER 7.3LだけでなくBeams inte 6.4ULも持って行ってみました。

ちなみに使い分けは、Beams inte 6.4ULが〜15gまでのジグ、Beams LOWER 7.3Lは20〜30gのジグという感じです。

両機種とも表記上は重量オーバー。昨年LOWERの方は使ってるので不安はないものの、inte6.4ULの方は少し心配。…しかし、投げてみたら全然大丈夫でした(笑)

inte 6.4ULを使用してみて個人的に1番良いなと思ったところは、タックルが本当に軽い!本当にその一言に尽きます!1日釣りをする上で、タックルの軽さってやっぱり大事ですからね。

釣り方はジグをキャストして表層から中層までを狙うイメージ。アクションを入れアピールした後のカーブフォールで、ジグをヒラヒラと落としていくと「コツッ」とバイト。その後、ロッドで巻き合わせを入れます。

そうすることで柔らかいロッドで遠くで当たったとしても、しっかりとイサキにフッキングを決めることができます。

イサキは引きもかなり強く40センチ近くなるとめちゃくちゃ引きます!

LOWER7.3Lにしてもinte6.4ULにしても、イサキを掛けてのファイトはバットから曲げてくれアングラーを楽しませてくれます!

他にもゲストとしてマダイやアコウ、ヨコスジフエダイなど…色々な魚たちが相手をしてくれるSLJ。ぜひみなさんもこの楽しいSLJにチャレンジしてみてください!

 

【タックルデータ】
ロッド:Beams inte6.4UL(Fishman)/Beams LOWER7.3L(Fishman)
リール:アルデバランBFS(shimano)/STEEZ A TW(daiwa)
ライン:VARIVAS 4 PE0.6号(VARIVAS)/グラップラー8 PE0.8号(shimano)
リーダー:シーガーエース3号~4号(SEAGUAR)
ルアー:TG TOKICHIRO 15g(BOZLES)/オーシャンフラッシュTG25g(CRAZY OCEAN)/スラックライト30g(BLISS)
フィールド:山口
魚種:イサキ/マダイ
ボート:健洋丸
アングラー:木村匠

【使用アパレル&フィッシングギア】
帽子:メッシュフラットキャップ(ブラック/ホワイト)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=164592027
アパレル:シェルジャケット(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506744
グローブ:5フィンガーレス夏用グローブ グレー/オレンジ/ブルー(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152507106

Beams inte6.4UL


Beams inte6.4UL製品ページはこちら
Beams inte6.4UL関連記事はこちら

Beams LOWER7.3L


Beams LOWER7.3L製品ページはこちら
Beams LOWER7.3L関連記事はこちら

 

イベント

2022/08/20~21 新潟ルアーフェスタ2022(西村)

Facebook