Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

ベイトシーバス始めるなら…どのロッド?

time 2022/09/23

皆さんこんにちは。フィールドテスター柿本です。

夏、釣れましたか?こちら東海エリアでは今年はゲリラ豪雨が多く、私が釣りに行くタイミングはことごとく雨…という嫌がらせを天から受けており、フラストレーション溜まりまくりです。

雨が多ければ雨でよくなるところを探せばいいじゃないか、と言い聞かせてフィールドをふらふらとさまよっております。

夏はボラなのかイナッコ食いなのか、微妙なタイミングなのでタックルに困る季節でもあります。

今回チョイスしたエリアは流れが強く、ベイトの状況もわからないエリア。おそらくボトムには雨で流された流木などのストラクチャーもあることでしょう。イナッコなら10g前半も視野に入れ、ボラ食いなら2ozクラスの使用も検討するところです。

そんな釣りをしないといけないのがシーバス釣り。バーサタイルなロッド選択が重要です。

そこで私がチョイスしたのは「BC4 8.0MH」。結構な藪漕ぎを要する場所でもありますので、4ピースなら引っかかるのも気にせずスイスイ動けるのも魅力です。

結果としてはベイトはマイクロで大きめのルアーには見向きもしない。最後の切り札として投入したのはポジドライブガレージ「フリルドスイマー70F」。70mmのルアーでも快適にキャストでき、太い流れでも引きはがせるパワーを兼ね備えた80MHは、クラスとしてはパワーバーサタイルといったところでしょうか。

そんなロッドでかけた魚は、中々に良コンディションのナイスシーバス。

安心してファイトできるという点では80MHを選択してよかったです。バーサタイルなロッドが多いFishmanのラインナップですが、主軸となるルアーに合わせた選択をするとよりシーバスフィッシングが楽しくなるんじゃないでしょうか。

個人的なおすすめは、ど真ん中スペックの「CRAWLA8.3L+」、パワーバーサタイルの「BC4 80MH」。

最初に選ぶならこの2本が使いやすいかと思います。自分のエリアにあったロッド選択で秋シーズンに突入間近のシーバスを楽しんでくださいね。

【タックルデータ】
ロッド:BC4 8.0MH(Fishman)
リール:ZILLION SV TW(ダイワ)
ライン:PE2号
リーダー:フロロリーダー24ld
ルアー:フリルドスイマー70F(ポジドライブガレージ)
フィールド:愛知県
魚種:シーバス
アングラー:柿本岳志
【使用アイテム】
ポーチ:アミュレットフィッシュカメラポーチ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152489009

BC4 8.0MH


BC4 8.0MH製品ページはこちら
BC4 8.0MH関連記事はこちら

イベント

2022/10/08~09 上州屋新長岡店様 展示受注会(西村) 2022/10/17~23 上州屋新福井店様 展示受注会(展示のみ) 2022/10/22~23シーバスパーティー2022(赤塚・上宮・小野) 2022/10/30シーバスフェスタ2022(鈴木・引本・小野)

Facebook