Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

船が苦手な僕が「タチウオジギング」に挑戦してきた話

time 2022/11/07

こんにちは、静岡の渡邉です。

今回は初めてタチウオジギングにチャレンジしてきました。

初めてというのも…実は僕はめちゃくちゃ船酔いしやすいタイプなのです。バス釣りの時もよくボートで酔って釣りにならなかったぐらい弱いので周りから遊漁船に誘われまくっても断り続けてました。

今回は友人が仲間の船があるから乗らないかと言ってくれたので、仲間内なら酔って迷惑かけても大丈夫かな…と乗せてもらったわけです。

ルアーも何を揃えればいいのか分からず、とりあえず教えてもらったものを揃えて、ロッドはcomodo 75HとXpan 710LHTSにビッグシューターコンパクトとカルコン201HGを用意して出発。

ドキドキしながら乗船しましたが、この日は波もなく酔い止めの効果もあってかフラフラすることもないので釣りに集中できそうな感じ。さて、ポイントについて目的の水深までヘキサーサーベルを落とし、細かいピッチで上げていくと…

数投目に「ズドンっ!」とロッドが引き込まれる。

今まで横の釣りばかりだったので、縦の引き込む当たりの強さに一瞬戸惑いましたが、一気に合わせた後はバーブレスフックなのでテンションを緩めないようにゆっくり巻いてきます。姿を現したのはドラゴンサイズのテンジクタチウオでした!

開始早々のヒットでしかもジギング初釣果に周りからも祝福してもらい感無量。

残念なことにその後にヘキサーサーベルが切られてしまったので、その後はXpan7.10LHTSに替えてブランカをしゃくっていると、ドラゴンまではいかないけどナイスサイズのタチウオを2本あげることができました。

それぞれのロッドの使用感ですが、75Hはキャスティングがやりやすい。グリップエンドが短いのでアンダーキャストがやりやすいし、ティップが入るので垂らしを短くしてオーバーキャストするにしても周りに迷惑をかけずキャストができます。キャスト時にティップの反発だけで40gのジグがぶっ飛んでいきますよ。

また、710LHTSはジギングをやると柔らかく、しっかり入ってくれるのでスロージャークをするのに向いているなという感じ。…どちらもほんと万能ロッドです。

これからが本番のタチウオジギング。ぜひ美味しいタチウオをゲットしてください!

【タックルデータ】
ロッド:BRISTcomodo7.5H(Fishman)/Beams Xpan7.10LHTS (Fishman)
リール : REVO BIGSHOOTER COMPACT(AbuGarcia)/カルカッタコンクエスト201HG(SHIMANO)
ライン:HARDCORE X4 PRO 1.2号(DUEL)
リーダー:D-FRON 船ハリス200FX 7号(DAIWA)
ルアー:HEXER SABER(PALMS)/ブランカ(DUEL)
フィールド:静岡県
魚種:タチウオ
アングラー:渡邉智浩

【着用アイテム】
帽子:メッシュフラットキャップ(ブラック/ホワイト)
→https://fishman.shop-pro.jp/?pid=164592027
アパレル:速乾迷彩Tシャツ(Fishman)
アパレル:アミュレットロングTシャツ(Fishman)
→https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152490423
アパレル:シェルジャケット(Fishman)
→https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506744
プライヤー:ミニプライヤー極小(Fishman)
→https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152488921

BRIST comodo7.5H


BRIST comodo7.5H製品ページはこちら
BRIST comodo7.5H関連記事はこちら

Beams Xpan7.10LHTS


Beams Xpan7.10LHTS製品ページはこちら
Beams Xpan7.10LHTS関連記事はこちら

 

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023 2023.03.05 ほくりくフィッシングフェスタ2023 2023.03.11~12 THE KEEP CAST 2023.03.18  西日本釣り博2023

Facebook