Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

増水とは裏腹に激シブ。それでも最後の最後にドラマが!

time 2023/01/13

こんにちは、宮城の小村です。

毎日寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。この時期は、時化たり寒い日が続いたり…なかなか釣りに行ける日は多くはありませんが、それでも体調管理をしっかりし、楽しんでいこうと思っております!

さて、今回もリバーシーバスシーズン時の釣行記となります。

夏から初秋にかけ宮城県に限らず、お隣の山形県・秋田県も含め、台風・大雨が多く、思うように釣りができなかったように思います。自然を相手に遊ばせてもらってるとはいえ、辛い時期が多かったような。

私がホームとしている北上川は、岩手県を源流とし、全長がとても長い河川となります。そのため、1度増水すると、落ち着くのに時間がかかります。それでも、「増水パターン」を狙い、毎日iPhone片手に今か今かとサイトを確認し、タイミングをうかがっていました。

増水から数日後、若干早いとは思いつつも、ワンチャンスあるだろうと思い、車を北上川へ走らせました。

ポイントに着くと、水量、流れ、濁り具合は申し分ない感じ。だがしかし…思いとは裏腹に、ボイルなし、バイトもなし…そして、干潮まで残り2時間を切る。一旦落ち着いていた流れが、再度走ったタイミング。出るならこのタイミングだろうと思い、ルアーをアップクロスにキャストし、狙っていた流れのヨレへとクラッチを切り流し込む。

イメージ通りに、ヨレの中にルアーが入ったなーと思った瞬間!

…ドンッ! ガバガバガバッ!

増水後と大潮というタイミングのため流れの押しは強い、加えてストラクチャーが絡むポイントだけに1ミリも出せないドラグ!ベンダのパワーをフルに活かし、パワーファイトで安全圏まで一気に寄せ勝負あり!

増水の恩恵とは裏腹に、厳しい状況ではありましたが、最後まで諦めずにキャストを続けた結果、納得サイズに出会うことができました。

サイズに関してはできすぎな気も…(笑) まぁほんと、釣りって最後の最後まで分からないものですね。

これだから、釣りは辞められません(笑)

【タックルデータ】
ロッド:BRIST VENDAVAL10.1M(Fishman)
リール:アンタレスDC(SHIMANO)
ライン:PEレジンシェラー 2.5号(山豊テグス)
リーダー:耐摩耗ショックリーダー 20lb (山豊テグス)
ルアー:カゲロウ124F(メガバス)
フィールド:宮城県
魚種:シーバス
アングラー:小村一徳

【着用アイテム】
ベスト:ゲームベスト+ウエストサポーター+メジャーケース(Fishman)
https://www.fish-man.com/gamevest.html
ポーチ:Fishmanカメラポーチ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152489009
帽子:メッシュフラットキャップ(ブラック/ホワイト)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=164592027

BRIST VENDAVAL10.1M


BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

 

イベント

2023.02.25~26 にいがたフィッシングショー2023 2023.03.05 ほくりくフィッシングフェスタ2023 2023.03.11~12 THE KEEP CAST 2023.03.18  西日本釣り博2023 2023.04.01~02 沖縄フィッシングコンテンツトレードショー2023

Facebook