ベイトロッド専門メーカーFishman(フィッシュマン)公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

【待ちに待った渓流解禁!】渋い状況のシーズン序盤を攻略するキー

time 2023/03/22

お久しぶりです。長い冬眠から覚めたAUX松野です。

3月になりついに新潟も渓流解禁となりました。各SNS等でトラウトの釣果を見てウズウズしてたわけですが、自分も解禁日から少し遅れて竿を出すことができました。

今年の新潟は積雪が例年より少なく入渓も楽だろうと思ってた反面、少し不安要素もありつつフィールドへ向かったんですが…案の定不安は的中。沢沿いは釣り師の足跡だらけ(笑)

まぁそりゃそうですよね!皆さん楽しみにしてた訳ですから! 久しぶりの感覚に高まる気持ちを抑えつつ、水流や水の色、水温をチェックしていざ実釣となりました。

これは例年通りなんですが、解禁した3月の始めはどうしても魚の反応は悪いです。低活性によるショートバイトにやる気のないチェイス、それに加えて水流も多ければルアーを思った通りに流せないなどアングラー側からすれば不利な条件しかない状況は多々あります。

そんな渋い状況での個人的な攻略法の1つが…

なるべくルアーが水中にいる時間を長くとること、そして狙ったピンポイントにルアーを可能な限り長く置いておくこと。

これができるようになると、距離を追わない低活性の魚に口を使わせやすくなります。例えばダウンで撃てるポジションをとったり、反転流を利用するなどがイメージしやすいかと思います。

そんな渋い時期もあっという間に過ぎ春はそこまで来ています。活性が上がった頃に竿を出すのも1の手段。とはいえ、本州では期限の決められているネイティブトラウトフィッシングです。自分なりのシーズナルパターン、攻略法を見つけてぜひ楽しんでみてください。

【タックルデータ】
ロッド:Beams blancsierra4.8UL/Beams LOWER6.2L
リール:カルカッタコンクエストBFS(SHIMANO)/アルデバランBFS XG(SHIMANO)
ライン:PITBULL4 0.6号 (SHIMANO)
リーダー:フロロショックリーダー 1.5号 1.75号 (ヤマトヨテグス)
ルアー:ハンドメイドミノー50MDS/D-インサイト(Smith)
フィールド:新潟
魚種:イワナ
アングラー:松野直人

Beams blancsierra4.8UL


Beams blancsierra4.8UL製品ページはこちら
Beams blancsierra4.8UL関連記事はこちら

Beams LOWER6.2L


Beams LOWER6.2L製品ページはこちら
Beams LOWER6.2L関連記事はこちら

 

カテゴリー「イワナ・アメマス」の人気記事TOP5

ワード検索

イベント

2023.06.17-25 フィッシングチロル様 展示受注会) 2023.07.22-23 韓国プサン、ソウル Fishman展示受注会

Facebook