Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

今回の釣果報告は510MXHでのMaori cod(ハタ)です。

time 2016/12/24

こんにちは豪州テスターの龍です。最近は皆さんの510でのすごい釣果をFacebook で見させて頂き自分も凄い良い刺激を頂いております。ありがとうございます。今回の釣果報告は510MXHでのMaori cod(ハタ)です。

使ったルアーは、インチク系でこれをボトムにほぼベッタリ落としてrodでボトムをなでるように探りました。イメージはボトムを這うタコ🐙や甲殻類をイメージにするのですがまたこれが気を抜いたり、ロッドから伝わるボトムの感じをしっかり分からないと根掛かりするので510シリーズには最高に適してます。

そしていつ良型のハタが掛かっても良いようにMXHを選びました。やはりハタの習性は食ったらすぐ根に潜るので、一瞬たりともすきを見せれない魚です。食ったら速攻根から剥がさないと彼らの住処に持って行かれ、そのまま岩とかしてしまう恐ろしい相手。wこのサイズのハタでしたらMXHは十分と言ってもいい位のパワーがあるので安心して使えるロッドです。世界中でFISHMAN!!!!

Australia
Maori cod
Angler:RYU
Rod:BRIST5.10MXH

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook