Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

BC4シリーズ

time 2019/07/11

トラベル用や移動時にコンパクトになるBC4シリーズの特徴はまず「強い」こと。
そして強い鎧の下の層には粘る要素がふんだんに入っている。
番手によって異なるが、ある一定の負荷から曲がり始める。

強いが曲がるメリットというのは沢山あるがアングラーにとってありがたい点をいくつか。

①キャスタビリティー
キャスト時、押し出しの力によってバット(根元)付近から曲がる。そしてムチのように収束するから、6ft未満の長さだが7ft以上の飛距離も可能。

②追従
追従性があるので魚を興奮させにくく、結果としてランディングまでの時短に繋がる。
さらにバイト時の弾きづらさにも一役買っている。

③ピン撃ち性能
バックハンドでもフォアでも、胴から曲がることによりフォロースルーの軌道が目の前を通すようなキャストも可能になる。
その為、必然的に狙ったところに撃ちやすい。

●たとえばボトム感知の釣り。
縦のリフト&フォール時には「張り」を使って感度優先のアクション。
バイトが来る。
咥えた瞬間にはティップセクションの粘りが現れて追従。
その後全体の張りを使ってフッキングし、魚の大きさによって全体の粘りで寄せることができる。

●トゥイッチやジャークなどアクションメインの釣り。
各セクションの適度な粘りによって、ジャーキングやドッグウォーク、巻物などでアングラーの負荷を軽減。

さらに仕舞い寸法は5.10シリーズは49cm。
6.10は56cmとコンパクト。
今は、このBC4の「ライトクラス」や「8.0ft」も開発中。

〇〇という魚にはどの番手が良いか?などのご質問はこちらまでどうぞ
customer@fish-man.com

関連ページ

BC4 5.10LH/MXH/XH製品ページはこちら
BC4 5.10LH/MXH/XH関連記事はこちら

BC4 6.10XH製品ページはこちら
BC4 6.10XH関連記事はこちら

BC4 8.3XXXH製品ページはこちら
BC4 8.3XXXH関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

11/16~17 アングラパーティin薩摩川内 1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook