Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

【BC4シリーズ】

time 2019/05/02

GWですね。
先月からBC4シリーズが売れているということは、海外など旅行に行かれる方も多いということでしょうか。
BC4シリーズは仕舞い寸法49cmと非常にコンパクトなので、スーツケースはもちろん、機内持ち込みのリュックにも入ってしまう。

ロッドはとにかく「タフ」に作りました。「強い」ということではないので、そこは勘違いされないようお願いします。
旅先では故障や破損がつきものですが極力減らしたいもの。
そこでまず竿自体は強いが、とにかく粘り腰の味付けです。
ジャングルでロッド持って歩いているときに、草や枝にティップを引っ掛け激しく曲がり折ることだってありますが、粘り腰なら軽減できます。
そして4ピースの先のセクション、#1と#2はアンサンドフィニッシュという仕上げ。
これは文字通りアンサンド。ペーパーなどで磨き処理を行っていません。

普通は磨いて塗装をしますが、しないことによって自重が重くなるなどのデメリットもあります。
ですが、基本は「タフ」の追求なので、削っていません。
それによってカーボンの表面に乗っているクリアがクッションとなり、保護の役目もあるのです。

そしてトップガイドの内径も5mmを採用しているので、太いリーダーに対応することはもちろん、全体を通して太いので、ノット部の抜けも良いから飛距離が稼げるというわけです。

BC4 5.10LH/MXHあたりを持ってアジアやオーストラリアの魚に挑んでみてはいかがでしょう。
BC4

関連ページ

BC4 5.10LH/MXH/XH製品ページはこちら
BC4 5.10LH/MXH/XH関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

10/5-6 上州屋上越店・新長岡店展示受注会 10/26-27 山本釣具シーバスパーティー 11/3 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019

Facebook