Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

BC4 5.10XHで淡水最強ファイターに挑む

time 2018/10/22

パプアンバス
パプアニューギニアの西のエリアにパプアンバス釣りへ行ったのが9月末。東エリアなら成田から直行便でいけるのだが、西へは千歳から乗り継ぎ5回で辿り着く近くて遠い釣り場。自身過去2度挑戦しているが10kgオーバーは夢のまた夢となっていた。というのもディープダイバープラグをマングローブ際に撃って、急潜行させストラクチャーに這わせて泳がせる。ここから先はイメージだが軽自動車が40kmでミノーに引っ掛かるような衝撃が来る。だからテンション保ったままボートのミヨシに立っているとバイトの衝撃で水へ落ちてしまうほどだったので過去2回は走られ、根化けし獲れなかった。その1日に数回しか訪れないバイトチャンスに下半身をしっかり固定させ、その時を待つ。そして忘れたころに突然訪れる。
「ドン!!!」
その強く早い走りはまるで止めれそうもないほど。そこで持参した5.10XH。素振りではまるで棒だが、ジグ400kgを軽快にしゃくれるほどの粘り腰。その粘り腰を使い力ずくで竿を立てる。あとは竿のトルクにまかせて根から引き剥がすロッドワークに集中。強いが竿を立てれるというのはモンスター攻略において大きなアドバンテージ。こうして夢だった10kgオーバーを抱くことができた。

Rod:BC4 5.10XH
Line:Fishman PE Line proto
Lure:Fangbait140DR
Hook:owner ST66

BC4 5.10LH/MXH/XH製品ページはこちら
BC4 5.10LH/MXH/XH関連記事はこちら

カテゴリー「パプアンバス」の人気記事TOP5

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook