Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

旧Beams7L、Beams7.6Lの後継機種、BeamsLOWER 7,3Lが届きました!

time 2017/06/04

Fishmanの新機種ロッドが手元に届き、思い思いのフィールドでキャストを繰り返してることと思います。
私もその一人。
私の元には旧Beams7L、Beams7.6Lの後継機種、BeamsLOWER 7,3Lが届きました!
早速、車のロッドホルダーにセットして釣り場へ・・・。

スペック値を見てもらえれば分かりますが、旧7Lよりロッド重量が軽く、リールをセットした後でも十分にその軽さに気付かされました!
同じく、北海道スタッフ小川さんが先日Beamssierra5.2ULと同じような感覚でキャスト出来ると動画をあげてましたが、まさにその通り!
しっかりテイクバックして、ロッドティップを曲げて弾き出す感じでキャストしてもらえれば自由自在にキャスト可能です。

さて、実釣です。
狙ってたポイントはどこもかしこも車が停まっており結局、雪代が残り更に増水してる区間に入ることに・・・
水温7度と虹鱒には冷たすぎだが、アメマスには問題なし!残る問題は増水・・・。
流れの筋は凄い勢いなので、その脇のヨレをアップクロスからのドリフトで探る。
雪代が入っており白く濁っているので、前回同様チャート色のNorthernLights GRID6.5gをチョイス。
リフト&フォール気味に、浮いたら少し沈めるを繰り返し探る・・・

シーズンなら確実にストックされてるであろうポイントを丹念に探るがチェイスすらない・・・
やはりダメか・・・。

ポイントを移動して何度かヨレを探ってくると、丁度ヨレの終わり辺りから中々のサイズの魚影がギラギラしながらチェイスが!

少し強めにトゥイッチを入れたところで、バイト!!

が、しかし!
LOWERの入魂が頭をよぎり完全に早合わせしてしまい、勿論スッポ抜けw
ですが、このチェイスからのバイトで勝利は確信!後はひたすらポイントを探るだけ。
探ていくと反対側のヨレでバイトが!
良いファイトを見せてくれたのはアメマスでした!

その後雨が強くなり更なる増水で身の危険を考え、キャストしながら車へ戻ることに。
戻りはLUCKYCRAFTビーフリーズ78Sクロキン

ダウンクロスでトゥイッチを入れながらスローで探る・・・
偏光グラス越しに見える大きめの沈み石の裏でジャーク気味にロッドを煽る・・・

ドン!いきなりルアーを引ったくられる!

ダウンクロスでヒットさせたにしてもファイトが先程のアメマスとは比べ物にならないほど良く引く!
何度も暴れるが、LOWERの柔軟なロッドシステムでバレることなくキャッチできました!
なんと低水温にして激流の中から虹鱒!
サイズは計りませんでしたが40UPというところでしょうか。
元気な虹鱒は優しくリリースした直後「またな」と私に語りかけ深い溝へとゆっくりと帰っていきました。

6月は2回程イベントで普段行かないような湖に足を運びます。
皆さんに楽しんでもらえるようなお魚をお届けでできるよう頑張ってきます!

Hokkaido Japan
Trout
Angler:Tsukasa Itsukaithi
Rod:BeamsLOWER7.3L

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook