Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Beams8.3L+で東京湾奥ランカーシーバスをキャッチ!

time 2017/10/26

こんにちは、北海道の佐藤です。月の半分以上北海道にいませんが、北海道の佐藤です。

出張で全国を回る中、時間を見つけてシーバスに挑戦しています。日ごろトラウトを専門にしている自分に釣れるんでしょうか?東京滞在のある日、Fishmanスタッフの松岡君が案内してくれることになり、東京湾奥に出撃してきました。

日頃、人っ子一人いない山奥へ分け入ってトラウトを狙っている自分にとって、大都会の町中で狙える大型のターゲットというのは凄く不思議で羨ましく感じます。まあこの辺は所謂、隣の芝は青いってやつですねw

本命は潮の変わった夜以降の港湾エリアということで、まずは夕まずめの河川からスタート。
Beams8.3L+は飛距離も十分に出るので、広い河川でも快適にサーチが可能です。
キャストフィールを楽しんでいるうちに頃合い。
本命ポイントへ移動…する途中の水路でボイル!
エントリーするときもベイトっ気が多くて気になっていましたが、暗くなって案の定のお祭り状態です!

松岡君曰く、ここは居ても釣れないそうですが、これだけ派手にボイルしまくってれば無視はできません。
表層からサブサーフェイス系のルアーをメインに投げ倒します。ルアーが着水した地点と自分との中間地点で、ベイトが水面に追いつめられ水面が沸き立ちました。リールを早巻し、5mほどあった距離を一気に詰めて、ハンドル一回転だけスローに。

再度ルアーを加速した瞬間にガツンっ!とバイト!

水面を割った魚体のサイズ感が全く分からない!
そこそこでかい?いや結構でかい?
Beams8.3L+はベリーにやや張りがあるので、ガッチリ合わせが入ったようです。
フックの刺さりは万全でした。
Beamsらしく追従性の高いティップセクションは、不慣れなエラ洗いもしっかりいなしてくれます。

使い慣れないフィッシュグリップでランディングしたのは85㎝!
まさかの東京湾奥ランカーをゲットしてしまいました!Beams8.3L+来年発売予定!今から楽しみで待ちきれません!

Tokyo Bayarea Japan
Seabass
Angler:Takuo Sato
Rod:Beams8.3L+Proto

Beams CRAWLA 8.3L+製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook