Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

この日はBeamsXpan43LTSを背中に担ぎ、朝早くから深山でヤマメ狙い

time 2018/09/19

ヤマメ

新潟の渓流トラウトシーズンも、
残すところあとひと月。
寂しい気持ちもありますが、
残り数回の釣行で良い魚を捕りたいですねー。

今年の夏は過激な暑さで、
地元河川も渇水高水温に参りましたが、
お盆を過ぎた頃からの雨で、
やっとそれが解消され、渓流の鱒達も元気を取り戻してきました。
この日はBeamsXpan43LTSを背中に担ぎ、
朝早くから深山でヤマメ狙い。
新潟の一部河川の固有種、『藤ヤマメ』。
去年のFishman.comでも紹介したアレですが、
今季の渇水で、今まで全く釣れませんでした。
残りの釣行チャンスが少ない中で、
どうしてもこいつだけはキャッチしたい…!

大きな淵の壁際に被さった樹木の枝、
そこに当たる流れとヨレ。
居るならきっとあそこだ、
だけどあのオーバーハングが面倒だ…

こんな時、役に立つのがヘビーシンキングミノー。
重さを生かした初速が生み出す貫通力を駆使し、
枝の中にルアーを直撃!
そしてアピールさせ、ハングからルアーが抜け出た瞬間、
後ろから凄いスピードで追ってきて、
バックリとバイトして反転したその背中。
『あいつだー!』とアドレナリンはドバドバ!
ドラグを少し鳴らしながらキャッチしたヤマメは
見事なまでに独特な色合いの藤!

キャストコントロール、ルアー操作を完璧にこなし、
張りのあるショートロッドでのビンビン感度のファイト、
もうたまらなく楽しい瞬間でした!

Niigata Japan
Cherrytrout
Angler: Hitoshi Nishimura
Rod:BeamsXpan 43LTS

Beams Xpan4.3LTS製品ページはこちら
Beams Xpan4.3LTS関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook