Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

春が来て、デカいサイズのメバルを釣りたい!

time 2018/03/22

春が来て、デカいサイズのメバルを釣りたい!
そう思った西村は、夜な夜な海をランガンするのです。

さて、デカいメバルはどこに行けば狙えるか、
と言うと、やっぱり外洋向きの海になります。
そうなると広大なフィールドでの釣りになり、
ただ1匹の魚を見つけ出すのも一苦労。
ライトプラグをひたすら遠投し、
潮流を感じ、たまに根掛かりしそうになりw
で、そんな潮流の当たる根掛かりポイントにこそ、
デカい奴が潜んでいる訳です。

感度に長けるウルトラライト長距離砲、
Beams inteなら、一度感じた根掛かりポイントに
再びルアーを送り込むのはお手のもの。
場所さえ判ればサミングで距離を調整し、
短い時合いを無駄にはしません。
そしてバイトを感じるまで、何度でも撃ち込んでやる…

ですが感じるバイトはとても小さくて、
中々フッキングに持ち込めない。
レンジが合ってない時のバイトですが、
ならばクラッチを切って更にカウントダウン。

きちんとレンジが合った時のデカメバのバイトは、
ゴッ、ゴゴ!とティップが吸い込まれ、
そりゃもう最っ高にテンションMAX!
細いラインですが、インテの曲がりでブレイクを防ぎ、
弱めにセットしたドラグは指で抑え、
ストラクチャーから引き剥がせばアングラーの勝利!

今季も楽しくデカメバを量産したいですねー。

Niigata Japan
Sea Perch
Rod: Beams inte79UL
Angler: Hitoshi Nishimura

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook