Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

メバルの繊細さとルアーウェイトによるバイト差をかなり感じた釣行

time 2018/07/02

メバル

こんにちは石川県の小嶋です。
前回に引き続きメバルの釣果です。はい!メバルにドップリハマっております(^^)

前回の投稿からノーバイトの完ホゲを一回食らった以外はなんとか毎釣行良型のメバルをキャッチ出来てはいますが昨日の釣行は厳しかった…

よほど活性が低いのか、重量のあるプラグでは「チョッ」てバイトがあるだけ。小さいメバルかな?って思ってしまうほどの小さなバイトで3g台の小さめのプラグに変えても全くかけることが出来ない…運悪く月も雲の隙間から出てしまってなかなか隠れてくれずバイト数もかなり少ない…

最終的にシングルフックの状態で1.5gのミノーをトリプルフックに変えたちょっとウェイトが重くなった物を投入。

なるべく軽く違和感なく食い込める様に。ラインテンションも貼りすぎず、緩めすぎない様にメンディングしてやるとさっきまでの「チョッ」ってバイトが嘘の様にガッとひったくる明確なバイトに。

メバルの繊細さとルアーウェイトによるバイト差をかなり感じた釣行でした。

Ishikawa Japan
Japanese sea perch
Angler:Katsuyuki Kojima
Rod:Beams inte 7.9UL

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント

フィッシングショーinあおもり2018 キャスティング横浜磯子店