Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

今回はBRIST 5.10LHのインプレについて書きます。

time 2018/03/01


北海道の小川です。

今回はBRIST 5.10LHのインプレについて書きます。

とても思い入れの強いロッドでBeams5ftULそしてこのBRIST 5.10LHを購入していなければFishmanのテスターそしてスタッフにはなっていなかったかもしれません。

ルアーウェイトは7~28gとなっていますが、ベイトフィネス用のリールを使えばサイドハンドキャストで5gくらいからキャスト可能です。片手バックハンドとなると6g以上は欲しい所ですが、鋭くて低空の弾丸ライナーもキャスト可能になります。

ダブルハンドのサイドやクォーターキャストでの飛距離も5フィトー10インチというレングスからしたらよく飛ぶと思います。

BRIST 5.10LHはレングスそしてテーパー的にトゥイッチやジャーク等のルアーにアクションがとてもつけやすいです。

ベリーがとても粘り、バットは強靭なのでカバーから魚を無理やり引き剥がし、オープンエリアまで引っ張り出した後はその粘るベリーで魚の走りを抑えてくれる不思議なロッドとなっています。

普通のトラウトにはちょっと強すぎるので最近では出番が減っていますが、60オーバーのブラウントラウトを狙ったり、10グラムちょっとの大きめのミノーを使う時には今でも使っています。それと川幅の狭いカバーだらけの湿原河川でイトウをベイトタックルで狙うのにBRIST 5.10LHを持っていってます。

強いバット、そして粘る胴が同居したstrange stick(不思議なステイック)をぜひフィッシングショー等で実際に触って曲げてみてください。

Hokkaido Japan
Brown trout
Angler:Yoshiyuki Ogawa
Rod:BRIST5.10LH

BRIST 5.10LH製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント

フィッシングショーinあおもり2018 キャスティング横浜磯子店