Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

【BRIST 83XXXH(プロト)の挑戦!】怪魚アカメとの闘争は次回へと続く…

time 2018/10/30

BRIST 83XXXH PROT
こんにちは広島の山﨑です。

前回の続き
80オーバーのアカメをキャッチし、7.5Hのテストはできた
次は83XXXHでも釣るぞ!

とは言ったものの困った事にベイトが小さい…
83XXXHは40cm 24ozのルアーを打ち投げたい!という思いで作ってもらったロッド
しかし今年は大雨続きのせいか例年通りには行かなく…
14cm 30gというまさかのフィネスルアーが大当たり、それをこの剛竿で投げるとなると…

と、思っていたのだが何故か飛距離が出る、7.5Hに比べたらそりゃ飛距離は落ちるけどなんだかんだで普通に飛ぶ
こりゃ何でだ?と疑問に思っているとトップガイド内径6.8mmがどうやらこの飛距離を出してくれているらしい
そしてよくよく注意していると棒かと思っていたこの竿、実は30gでも投げる時少し曲がってくれている

これなら全然使える!

その時叩きつけるような雨の中、水面にアカメ特有のベイトのざわつきが始まった。
一斉にザーーーーー!!!と円を描くようにイナっ子の群れが逃げ惑う

間違いなくアカメがそこにいる

(この現象、浦戸のジャンという逸話があるのだがそれはまたの機会にでも…)

その円の中心を目掛けてキャスト…

届いた…

ゴ、ゴゴゴゴ、ゴン!!

とHIT!

これは追い食いのため合わせをいれないほうがいいと瞬時に判断
そして…のった!

激しいランとジャンプ、大きさはこの前に釣った個体と同じくらい
7.5Hと比べると83XXXHのパワーはかなり頼もしい。

が…しかし…無念のバラし…

100lbのリーダーを確認するとザラザラ、合わせを入れていると確実にすっぽ抜けていただろう。

ただなんでバレたのかは不明…

そして物語は最終日へ…

続く
海

Kochi Japan
Japanese lates
Rod :BRIST 83xxxh proto
Angler :Toshinori Yamasaki

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook