Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

秋田県の米代川まで落ち鮎パターンのシーバスを狙いに行って参りました。

time 2017/10/13

今回は秋田県の米代川までこの時期盛り上がる落ち鮎パターンのシーバスを狙いに行って参りました。
米代川では落ち鮎の最盛期になると80cmクラスで10kg、90cmクラスのスーパーランカーだと12〜3kgと信じられないウエイトの魚も出る事があり本当に夢の様なフィールドです。
落ち鮎パターンはビッグベイトオンリーのイメージが強いですが実は落ちる鮎のサイズは様々なので120mmサイズの普通のプラグから200mm以上のビッグプラグまでその時の条件に合わせて使い分けをして行くのが良いと思います。
今回はBRIST 6.10XH comodoをメインにゲームを組み立てたのですが1番良さげなポイントに藪をかき分けて進むとcomodoのレングスではテイクバックに支障が出てしまいBRIST 5.10MXH BC4に持ち替えて対応出来ました。
このロッドは本当に汎用性が高く、1/2OZ〜2.5OZまでのプラグをしっかりと飛ばす事が出来ます。
狙いのスーパーランカーは惜しくもバラしてしまいましたが80up、6kgオーバーの体高がありこれからまだまだ太く、大きくなるであろう米代川らしいシーバスをキャッチする事が出来ました。
ゴーテンで無ければ立つ事さえ出来なかったポイントで格別の1尾をキャッチ出来たのは良い思ひ出になりました。
これからいよいよ本格化していく落ち鮎パターンのシーバスです。
皆さんも楽しんでみては如何でしょうか?

Akita Japan
Seabass
Angler : Takehisa Meguro
Rod : BRIST 5.10MXH B.C.4

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook