Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

融雪が進む新潟県で今季5匹目の藤色ヤマメ

time 2017/03/25

融雪が進む新潟県ですが、
まだまだ雪は多く、渓流フィールドに出るのも
中々大変です。
雪壁を滑り降り、川に辿り着き、
釣りを楽しんだあとは、またその雪壁を昇る訳ですが、
これがかなーりきつい!
行きはヨイヨイ帰りは怖い…

行きにシエラソフトケースを使うのですが、
帰りの昇りはロッドを杖にしてしまいますねー。

そんな苦労も、綺麗な一匹を手にすれば、
すぐに吹っ飛んでしまいますね。
今季5匹目の藤色ヤマメに逢えました。

ところでですが、
こんなフィールドで釣りをしていて、
いつも思ってるんですよね。

シエラ52ULで短く、ゴーテンLHで強すぎて、
ローワー73Lで長すぎる、と。

色々考えたのですが…
これは新たな番手に着手しなければなりませんね。

と言うのも、実は二年前から暖めていた、
ミドルレングスのライトロッドが見えてきています。
今はまだはっきりとは言えませんが、
大規模渓流、あるいは中規模本流。
そんな場所で活躍するロッドが必要ですね。

フィールドワークに行く度に、
どんどん新しいアイデアが沸いてきます!

Japan niigata
Angler: hitoshi nishimura
Rod: Beams sierra52UL
Cherrytrout

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント

フィッシングショーinあおもり2018 キャスティング横浜磯子店