Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

秋のトラウトにはバッタルアーの方がいいかもしれません(笑)

time 2018/10/02

ブラウントラウト

北海道の小川です。

今年はセミルアーにハマっていると前々回の記事で書きましたが、またまたセミルアーを投げて来ました。

しかし反応はするけど全てスッポ抜け・・・

50オーバーあったなぁというブラウントラウトもフッキングをしたらスポーンとルアーが口から飛び出して来ました・・・

そこで、成長して大きくなったバッタへの反応もそろそろ良いだろうなと思ってタックルハウスのエルフィン・グラスホッパーにルアーチェンジ!

セミルアーと違って羽がないので、きっとフッキングも良くなるだろうと期待してキャストし続けました。

ここには居るだろうというポイントを流すと小さいサイズのブラウンが反応。しかし小さすぎるのでフッキングまでには至りませんでしたが、小さくても反応したので良いサイズが入ってるポイントがあれば、きっと食ってくるだろうと思いました。

そして、40クラスがよく入っている、瀬+カバーのポイントで上流側からグラスホッパーをドリフトで流してくるとすぅ~っと浮上してきてパクっとバイト。

スッポ抜けるなよ~と思いながらフッキングを入れるとしっかりとかかりました(笑)

そして、その後にセミルアーに戻したら60ありそうなブラウントラウトを2本またまたスッポ抜けるという・・・

秋のトラウトにはバッタルアーの方がいいかもしれません(笑)

Hokkaido Japan
Brown trout
Angler:Yoshiyuki Ogawa
Rod:Beams blancsierra5.2UL

Beams blancsierra5.2UL製品ページはこちら
Beams blancsierra5.2UL記事一覧はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook