Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ビームスインテ79ULとシーライドミニでナイトロック

time 2018/02/13

北海道の小川です。

川に行って撃沈し、久し振りにナイトロックへ行って来ました。渓流の釣行が多いですが、実はアイナメ、ソイ、エゾメバル等のロックフィッシュも少しやります。

使用ロッドはビームスインテ79ULでリールはスコーピオンBFSです。
これに1号のPEラインに10ポンドのリーダーで狙いました。

今回の対象魚はソイとエゾメバルです。
エゾメバルは北海道ではガヤという愛称で親しまれています。
本州のメバルとは少し違い、多少大きいワームでも果敢にヒットしてきます。

今回メインで使用したルアーはブルーブルーのシーライドミニの3グラム。
シーライドミニの水平スローフォールを試してみようと数投でその答えが返って来ました。

ボトムまで落とし、そこから小さいリフトアンドフォールを繰り返しているとラインが左右に走ったり、手元に程よいアタリが伝わってきます。

3グラムのシーライドミニもビームスインテ79ULなら快適にキャスト可能で10センチ以下の魚のアタリも明確にわかり、その柔らかいティップでしっかりと魚をノセてフッキングが可能です。

また、ファイトもよく曲がるのに感度もよくて手元に魚の生命感がとても伝わってくるので楽しいロッドとなっています。

数釣りを楽しんでいると突如ガツンと強烈なアタリと引き!
暗がりでよく見えないので魚が何かすぐには判断できませんでした。

ソイやガヤならかなりの大物だなと思いながら、浮き上がって来た魚体は・・・

なんと夜アブ(アイナメ)でした。

この寒さの中でしかも夜にシーライドミニはアブラコ(アイナメ)を2匹も連れて来てくれました。

ルアーの前後にフックが付いているのでフックアップ率はワームより高いのでワームの端しか食わないような渋い状況では非常に有効なので是非お試しください。

Hokkaido Japan
Japanese sea perch & Black rockfish & Fat greenling
Angler:Yoshiyuki Ogawa
Rod:Beams inte7.9UL

Beams inte 7.9UL製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook