Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ベイトタックルでイトウ遠征に行って来ました。

time 2017/12/10

北海道の小川です。
イトウ遠征に行って来ました。

仲間にガイドして貰い連れて行って貰った川は、川幅もそんなになく、まさにBRIST5.10H!という感じで対岸には木の根やカバーそして倒木がチラホラあって大好きな感じの渓相。

イトウがどういった場所を好むのか聞きながらも、カバーを撃ちまくってきましたが反応は得られず・・・どうしてもブラウンが好みそうな所をスルーできずそういった場所もとりあえず撃ってはみましたが追ってきたりバイトしてくるのはアメマスのみ・・・

初日はイトウをチェイスさせる事も出来ませんでした。

二日目は川幅20メーターくらいの川に入り、これまた対岸のカバーや水中に沈んでいる木、そして深みを狙うという感じで距離が必要なのでロッドをBeams
LOWER7.3Lに持ち替えてキャストしまくって来ました。

そして、なにやら雰囲気があるカーブのインサイド側へラパラのCDJ11パールホワイトをキャストし、巻いてはドリフト、巻いてはドリフトを繰り返し手前まで引いて来て最後に自分の目の前でドリフトさせて流すと急遽巨体が下から物凄い勢いで浮いて来て11センチのCDJ11を一瞬で横からバックリと丸呑み!

デカイ!

と思った次の瞬間には吐き出されてしまいました・・・

目の前で見えてたのでバイトしてきたのがわかりましたが、距離があって目視できなければ一切手元には伝わってこないような一瞬の出来事でした。

ここから火がついて、同じように食わせる事ができる個体が他にもいないかキャストし続けましたが反応はそれっきりで惨敗してきました。

来年はリベンジすべくイトウも狙っていきたいと思います。

Hokkaido Japan
White-Spotted Charr
Angler:Yoshiyuki Ogawa
Rod:BRIST 5.10LH、Beams LOWER 7.3L

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント

フィッシングショーinあおもり2018 キャスティング横浜磯子店