Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

続・初秋の大分リバーシーバス

time 2020/11/11

皆様こんにちは。大分県テスターの梶原です。
日中はまだ暖かい日も多い大分県ですが、夜間は寒く感じることが多くなってきました。
 
私の通うフィールドもすっかり秋めいて、魚の活性も割と高くなったように感じています。
今回は前回のレポート後から数回分の釣果写真を載せておきます。

秋の足音が聞こえ始めたリバーゲーム


 
 
本格的な秋に入るとオープンエリアでの回遊待ちの釣りが多いのですが、今回の釣果写真の時は私の中ではまだ初秋でした。
ストラクチャー等々に着いた魚を狙うことが多く、飛距離を必要とする釣りよりアキュラシー重視の釣りをやる機会が多かったです。
 
それに伴って、ロッドはアキュラシーの高いBeams RIPLOUT7.8MLの使用頻度が高くなりました。
ピン撃ちの釣りにはもってこいのロッドであり、大型サイズがヒットしても安心してファイトできる為、私の中で年間通して出番が多い機種でもあります。
 
 
前述したように魚の活性も上がってきており、初秋はフィールドに出る度にシーバスに出逢うことが出来ました。
リバーシーバス
リバーシーバス
 
降雨の中でのデイゲームや雨後のナイトゲームではしっかりと魚が群れで河川に入り、TRACYJOLTYでヒット連発もありましたし、流れの中での釣りでボラコンHFを流してランカーのキャッチもありました。
リバーシーバス
リバーシーバス
リバーシーバス
 
私が通うフィールドで秋のベイトはイナッコ、落ち鮎、サヨリ等々。
全般的にベイトサイズも上がってきていますので、ナイトゲーム時にはボラコンHFや他にもBlooowin!165F-Slimのような比較的シルエットの大きなルアーを多用していますが、勿論軽量ルアーの使用シーンもあります。
リバーシーバス
リバーシーバス
リバーシーバス
軽量ルアーからボラコンHFのような大型ルアーのキャストまで一本でこなしてしまえることもRIPLOUTの魅力であり、使いやすさでもありますね。
 
 
今後は大場所の回遊待ちの釣りが増えることが予想され、今シーズンは超長距離砲ベンダバール10.1Mの使用がメインになってくるかと思いますが、小場所やアキュラシー重視のポイントではまだまだRIPLOUTの出番も多そうです。
リバーシーバス
リバーシーバス
現在、秋の本格シーズン真っ只中の地域も多いと思います。
防寒対策をしっかり行って、体調管理を万全にして、今秋を楽しんで下さい。
 
 
フィールド:大分県
ロッド:Beams RIPLOUT 7.8ML
魚種:シーバス
アングラー:梶原利起

関連ページ

Beams RIPLOUT7.8ML製品ページはこちら
Beams RIPLOUT7.8ML関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

2020年12月10日~20日 上州屋金沢金石店様 2021年1月22日~24日 釣りフェスティバル 2021 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook