Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

大分早春のシーバス

time 2020/03/18

皆様こんにちは。
大分県テスターの梶原です。
春の陽気に包まれるように暖かな日射しを感じることもありますが、夜間はまだまだ寒い日も多いですね。
今年は暖冬ということと関連があるのか定かではありませんが、フィールドは全般的に例年より水温が高めで、個人的には割と例年よりも釣れているように感じています。
今回は私のホームフィールドである大分県での割と最近の釣果をご紹介したいと思います。
シーバス
シーバス

基本的に私はこの時期はまだ冬の続きのシーズンと考えており、下流~河口エリア於けるオープンエリアでの釣りがメインとなります。
従って広範囲を探ることが必要となり、必然的に飛距離重視のタックルを選択しています。
ロッドはBRIST VENDAVAL 8.9MをメインにBRIST MARINO10.6MHを用いることもありました。
リールに関してはエクスセンスDCやアンタレスDC MDをメインで使用。
この時期の私が今年通っていた河川は割とシルエットの大きなルアーに反応が良く、ルアーはBlooowin!165F-Slimを中心にローテーションしていました。

私の通っているオープンエリアはここぞのピンというのはあまり存在せず、正直どこでもヒットする可能性はあります。
しかしながら、その中でもバイトが出る確率が高い狙い所として、
沖の流れの中や潮目、また上げの潮と河川の流れがぶつかり、せめぎあう所やブレイク、流速差等々。
やはりこのような何らかしらの変化がある場所は、オープンエリアでの狙い所だと思っています。

回遊する可能性が高い時間、タイミングを予想しながらの釣りでしたが、ランカーを含め例年より上手く噛み合い確率良く釣れてくれました。
シーバス
シーバス
シーバス

この時期にしては釣果に恵まれましたので、今後が楽しみですね。
また日々通っていきたいと思います。
Seabass
ROD:BRIST VENDAVAL 8.9M
BRIST MARINO10.6MH
Angler:Toshiki Kajiwara

関連ページ

BRIST vendaval8.9M製品ページはこちら
BRIST vendaval8.9M関連記事はこちら

BRIST MARINO10.6MH製品ページはこちら
BRIST MARINO10.6MH関連記事はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

4/12 トビヌケ植田店様 受注試投会 4/26 上州屋安城店様 展示受注会

Facebook