Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

新年初シーバス

time 2020/01/23

大分県テスターの梶原です。
さて、2020年最初は私のメインの釣りであるシーバス釣行のお話しとなります。

この時期私のホームフィールドである大分市内河川は、年間通して最も釣ることが難しい時期であると私は感じています。
実際に年明けのシーバススタートは大分市内河川からスタートしましたが、全く反応を得ることが出来ませんでした。
勿論シーバスが居ないことはないのですがこの時は本当に厳しく、1月は難しいなと改めて感じた新年のシーバススタートでした。

翌日大分市内河川が厳しいと感じた私は海へと足を運びました。
海のポイントと一言で言っても、ストラクチャー絡みのピン撃ちポイントや回遊待ちのポイント等々様々です。

今回はこの時期に実績の高いピン撃ちのポイントへ。
シーバスがステイしていれば比較的レスポンスの早い場所です。
外洋に面した非常に流れの速いポイントな為、ロッドはバッドパワーがあり、一通りのルアーをキャスト可能なBRIST VENDAVAL8.9Mを使用。
ショートキャストでしっかりとピンの岩の流れが当たる部分に、BlueBlueのBlooowin!140Sをキャストし、岩の際をノーマルリトリーブで通して狙いました。

最初の1、2投でのヒットも多いポイントなのですが、最初の2投ではバイト無し。
次に極力プレッシャーをかけないよう角度を変えてアプローチ。

角度を変えて最初の1投目。
Blooowin!140Sに水をしっかりと掴ませ泳がせてやるイメージでヒット。
キャッチしたのはヒラスズキ。
ヒラスズキ
50cmクラスだったのですが本当によく引き、突っ込みを繰り返していました。
そこはVENDAVALのバッドでしっかりと受け止め、岩が多い中でも難なくランディングに持ち込めました。
2020年最初のシーバスキャッチとなり、まずは今年も無事に顔を見れたことにホッとしましたね。
ヒラスズキ

その後も少し投げたのですが、残念ながら着いていたのは一本だけだったのか分からないですが、もうバイトは出ませんでした。
連発すると良かったのですが、新年1本目のシーバスを獲れたことで満足した釣行となりました。
Oita Japan
Seabass
Rod:BRIST VENDAVAL8.9M
Angler:ToshikiKajiwara

関連ページ

BRIST vendaval8.9M製品ページはこちら
BRIST vendaval8.9M関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook