Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

流して使う!バイブのシンペン的釣法

time 2019/01/30

大分県テスターの梶原です。
今年も宜しくお願い致します。
今回は私の今年の初釣りのお話しをさせて頂きたいと思います。
何を狙おうかと悩みましたが、やはり新年はシーバスの顔を拝みたく、ホームリバーへと足を運びました。
水温が比較的安定的な水深のあるポイントを選択し、そのポイント内でも特に水中のストラクチャーが絡む部分をピンで集中的に狙いました。

ロッドは10g~20g程度の割りと軽量ルアーで狙うポイントになる為、BeamsCRAWLA9.2L+を使用。
10gを切るような軽いルアーでもティップがしなやかでテイクバック時にしっかりと曲がってくれ、軽量ルアーでも容易に遠投が効くロッドで私も非常に重宝してます。
軽量ルアーのみならず、12~14cmクラスの一般的によく使用するミノー等々も抜群に投げやすので、シーバスシーンに於いて汎用性の高いロッドであると言えます。

因みに私がクローラ9.2L+に合わているリールは、ジリオンSV TW1016SHLやスティーズA TW1016SHL。
このリール達は、軽量ルアーも投げやすくトラブルも少ない。
リールの話しは長くなるのでまた別の機会に書こうと思いますが、個人的にこのリールはオススメですね。

この日はそこまで流れが速くはなく、割りと魚が浮いている感じがしたこともあり、Narage65を主体にキャストしていきました。
釣り方としては『バイブを流す』というのは聞き慣れないかも知れませんが、ラインテンションを張って流す釣法。
具体的にはロッドポジションを高く取り、角度をつけて、フォールスピードを抑える。
極力一定レンジを保ちつつ、バイブのブルブルというアクションをさせないように低速で流れに乗せてあげる感じとなります。

このブルブルとアクションを起こさせないのが重要。
敢えて、アクションを破綻させて、シンペンのように水を受け流すように使用しています。
だから、バイブではありますがシンペンと思って使っています。
この釣法は本当によく釣れます。
特に明暗部は分かりやすく釣果が出るから試して頂ければなと思います。

割りとこの日は活性がよく、約20~30分といったとこだったように思います。
執拗に水中のストラクチャーを攻め続け、ヒットに持ち込みました。
一気に寄せきって2019年最初のシーバスをキャッチ。

その後もNarage65を投げ続け2ヒットしたものの、残念ながらバラシ。
3ヒット1キャッチと勿体無いことはしたものの初釣りからシーバスに出逢え、割りと良いスタートになったように思います。
シーバス
シーバス

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook