Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

出たぞ!ランカー熊本遠征!

time 2020/02/17

皆様こんにちは。大分県テスターの梶原です。
1月に熊本へと遠征に行ってきましたので、そのお話をさせて頂きます。
今回は1泊2日という短い日程でしたが、楽しむことが出来ました。

当日は仕事終わりから出発し、19時過ぎに現地着。
いつもお世話になっている熊本のアングラーの方々と合流し、干潮前のタイミングからスタート。
割りとしっかりと水深のあるオープンエリアで、ブレイクラインも近距離で絡むポイント。
川幅のあるオープンエリアということで、飛距離を稼いだ方が有利。
その為ロッドはBRIST VENDAVAL8.9Mを選択。
リールはある程度ウエイトのあるルアーがメインとなる為、アンタレスDC MDを使用。
このタックルセッティングで挑みました。

この日は僕を合わせて4名でエントリーしたのですが、冬とは思えない程に皆様短時間でサッと良い魚を釣られ、気づけば残ったのは僕一人…。
ですが地形変化のある場所にBlooowin!165F-Slimを入れて、流していくとヒット。
水深がある分結構突っ込みましたがドラグで対応し、慎重に取り込んだ魚はまさかの80cm中盤のランカーシーバスでした。
シーバス
冬の厳しい時期にランカーは本当に嬉しかったですね。

翌日は昼から河川のデイゲーム。
正直この時期の河川のデイゲームは、いくら熊本とは言え厳しいだろう予測していました。
低水温期ですので、釣れることがあるとすればボトム付近が濃厚。
鉄板のTRACY25で広範囲をサーチしていく釣りとなりました。
タックルは前夜同様に飛距離優先でVENDAVAL8.9MにアンタレスDC MDというセッティング。
案の定、予想通りに厳しい状況でバイトが遠かったですね。

しかし、粘ると良いこともあるもので。
割りと立ち位置から手前のハードボトムの上をスローにとしていると、一本キャッチ出来ました。
シーバス
冬の河川のデイゲームで釣れただけでも嬉しかったですが、サイズも満足感のあるものとなりました。
暫しこの後もキャストを続けましたが、バイトを得ることは出来ませんでした。

今回の熊本遠征は熊本の皆様のお蔭で本当に良い釣りが出来ました。
シーバス
また、今年中に数回は足を運びたいと思っています。
Kumamoto Japan
Seabass
Rod:BRIST VENDAVAL8.9M
Angler:ToshikiKajiwara

関連ページ

BRIST vendaval8.9M製品ページはこちら
BRIST vendaval8.9M関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook