Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

初秋~オープンエリアでのシーバスゲーム~

time 2019/10/11

皆様こんにちは。
大分県テスターの梶原です。
残暑が厳しい日もまだまだありますが、私の住む大分県もだいぶ秋めいてきました。
そんな秋の走りとも言える最近の釣果を今回はご紹介させて頂きます。

秋シーズン私の場合は落鮎パターンに足を運ぶことも多いのですが、比較的大場所での回遊の魚を狙う釣りが基本となります。
使うルアーもこの時期は18g~1oz程度のミノーやシンペンを用いるケースが多く、遠投が必要なシーンが増えるため、最近ロッドはBRIST VENDAVAL8.9Mを使用しています。

御存知の方も多いと思いますが、VENDAVAL8.9Mは遠投性能に優れたロッドです。
強靭なバッドパワーを持つロッドでもありますので、不意の大物にも対応できます。
VENDAVAL8.9Mに合わせているリールはカルカッタコンクエスト201。
ある程度ウエイトがあるルアーの遠投となりますので、スプール径が大きいリールの方が飛距離も出やすくトラブルも減少します。
今はこのタックルでシーバスを追っています。

私のホーム河川の状況としては、下流部はメインベイトが10cm半ば程度のイナッコがメイン。
場所によってはサヨリが混在するポイントもあります。
徐々に私が秋によく足を運ぶポイント周辺にも魚が入ってきています。
まだ本格化していないものの少なからず回遊がある為、その回遊する個体を粘って釣っている感じです。
オープンエリアをメインとしている為、狙い所としてはまず潮目。
そして、流れの中や流速差。
通すコースを変えながらの粘る釣りとなっています。

先日はそんなオープンエリアで粘りに粘ってスカーナッシュ120Fのドリフトで一本キャッチとなりました。
シーバス
シーバス
やはり潮目でバイトが出ました。
潮目はオープンエリアで真っ先に狙うべき場所の一つですが、潮目まで飛距離が必要な場所も多いかと思います。
そんな飛距離を要求されるポイントでこのBRIST VENDAVAL8.9Mの遠投性能が活きてくると思います。

今後秋の深まりと共に本格シーズンを迎えるシーバスゲーム。
個人的にも本当に楽しみですね。
Oita Japan
Seabass
ROD:BRIST VENDAVAL8.9M
Angler:Toshiki Kajiwara

関連ページ

BRIST vendaval8.9M製品ページはこちら
BRIST vendaval8.9M関連記事はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

11/16~17 アングラパーティin薩摩川内 1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook