Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

Beams inte6.4ULで24時間アジ、メバル行脚

time 2020/11/06

皆さんこんにちわ。最近夜はめっきり寒くなってきましたね。
冬といえばライトゲームのシーズン。
海水温の低下を今か今かと待ちわびるライトゲーム担当、テスター柿本です。

まだ気が早いのですが待ちきれない私は東海地方を飛び出して一路南へ。
狙うはライトゲームの代表格「アジ」「メバル」

ライトゲームの楽しみ方
ライトゲーム楽しみ方は大きく2通り

・みんなでワイワイ、手軽だけどテクニカルな漁港ゲーム

・タックル以外はヘビー級のボウズ上等!一発狙いの闇磯ゲーム
 
どちらも魅力的なのですが今回は前者。
南方のテスター髙木響君を連れ出して漁港のライトゲームへ!
 
 
まずはナイトでメバリング
美しすぎる満月で厳しい状況でのメバルゲーム。
 
この状況なら護岸際にできた幅5mに満たないシェードに着くメバルを狙うのがセオリー。
表層は子メバル、その一段下に着く比較的大型なメバルを1.25gのジグヘッドで狙う。
 
渋い時に釣果に差が出るのはタックル感度の良し悪し。
インテ6.4ULの高感度の恩恵でメバルの前アタリをしっかり取って適切なタイミングで掛ける!!
 
小気味の良い引きで上がってきたのはナイスブルー♪
メバル
相変わらずかっこ良い魚体ですね。
 
 
第2ラウンド「アジング」
メバルの時合いが終わったところで移動しアジ狙いへ。
 
マズメに潮が走るタイミングでボトム付近で反応がでる。
テンションフォールでアタリが出るレンジでいち早くアタリを取ったら、しっかり食い込むタイミングで掛ける!掛ける!!掛ける!!!
アジ
これは楽しい!!
 
Fishmanのラインナップの中では珍しく感度に重きをおいたモデルだけあってアジのアタリがビンビン伝わります。
 
私が掛けたら隣の響君も掛けてダブルヒット♪
アジ
ここからはしっかり日が昇るまでワンキャストワンヒットの爆釣劇!
 
 
今回感じたメリットを少々、、、
1g以上を使用するアジングであればベイトタックルの高感度、フォールを多用する釣りにおいてのアタリの取りやすさ手返しの良さがしっかり出てベイトアジングのメリットをより感じられますね。
 
それ以下のウェイトは飛距離の面でスピニングタックルとの併用が良さそうです。
 
シーズン走りということもあり、尺アジとはいかないまでも20cm台連発で楽しい引きを味わうことができました。
 
 
さてさて、すっかり日も昇ってきた事ですし、
この余韻を残しつつ次回はデイゲームの様子をお伝えしようと思います。
もうしばしお付き合いください。
 
 
【タックルデータ】
Rod:Beams Inte6.4UL
Reel:アルファスエアーTW (ダイワ)
Line:PEライトゲームホワイト 0.4号 (山豊テグス)
Leader:フロロショックリーダー 6ポンド(山豊テグス)
Lure:スパテラ2.5インチ (一誠)
レベリングヘッド (一誠)
   月下美人 SWライトジグヘッドSS OG (ダイワ) 
 
フィールド:日本
魚種:アジ、メバル
アングラー:柿本 岳志

Fishman New item

イベント

2020年12月10日~20日 上州屋金沢金石店様 2021年1月22日~24日 釣りフェスティバル 2021 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook