Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

夏シーバスの醍醐味!デイトップのすすめ!

time 2020/08/20

皆さんこんにちは。
愛知県テスターの柿本です。

全国的に梅雨も明け、猛暑の続く地域も多いのではないでしょうか?

夏と言えばデイゲーム

私個人的には夏の日中は極力外に出ずに過ごしたいと思うのですが、暑さを吹き飛ばすような釣りに出会ってしまい連日燃え盛るような太陽の下で釣りをしています。

暑さ嫌いな私を外に連れ出すほど面白いのは

「真夏のデイトップシーバス」

シーバス
扱うロッドはBeams LOWER7.3L
これでトップウォータープラグを対岸のピンに打ち込む、それだけの釣りです。

水面に波紋を残しながらドッグウォークするペンシルベイト。
時間帯も朝マヅメではなくド日中なので着水から引き波までしっかり見えます。
水面をキビキビと動くルアーがブレイクやストラクチャーに差し掛かるとドパァァン!という音と共に上がる水柱。
これほどエキサイティングな釣りもそうそうありません。
シーバス
シーバス

タックルセッティング
この釣りで私が使用するタックルは以下の通り
ロッド  Beams LOWER7.3L
リール  スティーズ A TW
ライン  キャリアハイ 1.5号
リーダー フロロショックリーダー 14~20ポンド
ルアー     フェイキードックDS等のペンシルベイト

ラインセッティング補足
若干ラインが太めなのは、時には浮きごみについたマイクロベイトを補食しているシーバスを狙う為そのゴミとラインが擦れてラインブレイクするのを防ぐためです。

そしてラインを太くするメリットがもう一つ
流れの緩い時でもラインに水を当てることでドリフトが可能。
流れが強い時にはラインを水から離してドリフト
流れが弱い時にはラインを水に浸けてトレースコースを調整しながらドリフト
という使い分けが出来るのです。

自分の思い描いたコースを走らせ狙いのピンで水柱が上がる様は、ピン撃ちフリークのアングラーなら脳内のβ-エンドルフィンが大量分泌されトリップすること間違いなしでしょう。

加えてトップで出るシーバスはどれもコンディション抜群。
シーバス
最後まで良く引く個体が多いのも楽しいところ。
シーバス
ローワーがぶち曲がる様は最高です。

トップの下準備としてバイブレーションをボトムに沿ってただ巻きし、地形を把握するのも大事な事です。
その際はぜひ根掛かり対策にシングルフックもお試しください♪
もし魚がヒットしても意外とバレないもんですよ!

さて、これを書いている最中も脳裏には水面爆発の光景が浮かんで来て釣り欲がフツフツと沸き上がってきました。

実は50クラスのバイトが多い中、水面を割った大型魚がいたんですよ。
シーバスなのかはたまた下ってきた淡水のモンスターなのか?

次回、その正体に迫ります。

トップウォーターの様子などのLOWER7.3Lの動画もYouTubeにUPしてあるのでぜひご覧ください♪♪



■タックルセッティング
Rod: Beams LOWER 7.3L
Reel: スティーズ A TW(ダイワ)
Line: キャリアハイ 1.5号(サンライン)
Leader:フロロショックリーダー 14~20ポンド(山豊テグス)
Lure:フェイキードッグDS(ジップベイツ)

Aichi Japan
Seabass
Angler:TakeshiKakimoto

♪個人SNS更新中♪
Instagram
https://www.instagram.com/kakimoto_fishman
Facebook
https://m.facebook.com/takeshi.kakimoto.77
Twitter
https://twitter.com/0731Fish?s=09
youtube
https://www.youtube.com/channel/UCN8uWd_P1zgG_2Xw3im2cxg

関連ページ

Beams LOWER7.3L製品ページはこちら
Beams LOWER7.3L関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

2020年12月10日~20日 上州屋金沢金石店様 2021年1月22日~24日 釣りフェスティバル 2021 2021年2月7日 フィッシングショーOSAKA 2021 Web&TV 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook