Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

デカメバ攻略~渋い時こそのベイトタックル~

time 2019/03/25

皆さんこんにちは。
Beamsinte7.9ULをこよなく愛するアングラー、愛知県の柿本です。
春の釣り楽しんでますか?
私は相変わらずメバル釣りに没頭しております。
今回は磯とテトラ帯を中心にメバルを狙って来ました。

他の地域よりも少しメバルのシーズンの進みが早い今年の愛知県は、今がメバルハイシーズン!!
スポーニングから回復したメバルが続々とエサを求め回遊しております。
しかしハイシーズンと言っても、メバル外れ年といっても良いほどの渋いホーム知多半島は1バイトが超貴重、、、。

メバルの小さいあたりを取れるかどうかが、天国と地獄の分水嶺となります。
あたりがとれたならば、即掛けすべきあたりなのか?それともしっかり待つべきあたりなのか?
刹那のバイトで判断しなければいけません。

その判断をするために必要な物こそが、ベイトリールの回転軸を変換せずにダイレクトに巻き上げる事による感度の良さなのです。
そしてそれをサポートするインテのブランクタッチ構造。
これにより渋い中の貴重な1バイトで、今回も良型のメバル様に出会うことができました!

悪天候、低活性などのタフなフィールドコンディションの時ほど威力を発揮するベイトリール×Beamsinte7.9UL
これから激化するメバリング戦線をベイトタックルで制してみませんか?
メバル
メバル
メバル
Aich japan
Mebaru Rockfish
Angler:TakeshiKakimoto
Rod:Beamsinte7.9UL

関連ページ

Beams inte 7.9UL記事一覧はこちら
Beams inte 7.9UL製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook