Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

爆釣御免! ソルトベイトフィネスを超効率化するフロートリグ戦術

time 2020/05/21

皆さん、こんにちは。愛知県テスターの柿本です。

今回は、柿本の“虎の巻”をお届け。

実は釣れすぎて普段はあえて使わないようにしている釣り方なのですが、これがベイトタックルにベストマッチなので、紹介させていただきたいと思います。

メバル

それは「フロートリグ」の有効利用。各メーカーから発売されている飛ばしウキ(通称フロート)を使う釣り方です。

フロート

スピニングタックルでも投げにくい0.5g以下のマイクロジグヘッドを使用し、遠くのポイントを狙う釣り方ですが、フロートならば軽いものでも3g以上。そこで、ベイトタックルでも扱いやすいのがポイントです。

ひとつ克服しなければならない課題もあります。フロートリグは魚を寄せる力はないに等しいため、正確なアプローチが必要になることです。

●フロートの釣りに必要なロッドの性能

魚のいるピンスポットに対して正確に撃つことのできるベイトタックルに、究極の食わせのマイクロフィネスの組み合わせ。まさに鬼に金棒です。

フロートで使用するロッドに必要な特性は二つあります。

①フロートの引き抵抗に負けずに残り、操作が非常に快適に行えるベリー。

②逆に曲がりすぎない絶妙な柔軟さで魚に違和感を与えることなくバイトに持ち込んでくれるティップ。

以上の理由から、私はBeams Inte6.4ULをチョイス。特に、ソリッドを思わせるしなやかなティップはフロートリグに有効なのです。

●フロートは優秀なスーパーサブだ!

フロートは、控え選手ながら特定のシーンで爆発的に活躍するスーパーサブのような存在です。

ワンタッチで付けられるフロートを使用し、プラグのフォローとして使うのがGOOD。プラグで魚の居場所をサーチし、食い切らない魚をフロートで食わせるという考えをもっておくといいでしょう。ぜひ、ルアーローテの一手に加えてみて。

ロングリーダーを使用できるベイトタックルでは、リーダー部にそのままフロートをつけるため、メインのPEを傷めずに使用できるというメリットがあります。5mもリーダーを入れておけば、ウキ下と呼ばれるフロートからジグヘッドの距離も自由自在。

魚のレンジに合わせることも、ロングリーダー+ワンタッチ式フロートなら即座に可能です。

サーチ → フォローまで1本のロッドで完結できるので、複数のロッドを持ち込む必要がなく、ランガンもしやすい。手数が多くなり、必然的に釣果も伸びるというアイデアなのです。

●超軽量級に気軽にエントリー。これがカギなのだ!

ベイトフィネスフロートゲームは、リールをカスタムせずに手軽にマイクロジグヘッドが扱えます。しかも「釣れる」。

メバル

ソルトベイトフィネスゲームに興味はあるけれど、なかなか手を出せない。そんなエントリーアングラーだけでなく、もちろんベイト玄人の方たちの最後の一手にもオススメ。ぜひ、楽しんでみてください!

春の初めに実際の釣行で使用した動画がありますので、ぜひこちらも参考にしてくださいね。

■タックル
ロッド:ビームスインテ6.4UL(フィッシュマン)
リール:アルデバランBFS XG(シマノ)
ライン:ライトゲームPEホワイト 0.5号(山豊テグス)
リーダー:フロロショックリーダー 6ポンド(山豊テグス)
ルアー:シャローフリーク プチ(アルカジックジャパン)

関連ページ

Beams inte6.4UL製品ページはこちら
Beams inte6.4UL関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook