Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

inteで遊ぶゼロ以下の世界

time 2019/01/08

皆さんこんにちは。
愛知県の柿本です。
人気沸騰中、そしてただ今シーズン真っ盛りなメバリング。
今回はそんなメバリングをBeamsinte7.9ULで楽しんできました。

インテといえば、言わずと知れたマイクロゲーム長距離抱。
驚くほどに曲がるティップで軽いウェイトでもしっかりとキャストできる事は、すっかり周知されているのではないかと思います。

私の通うエリアは全体的にシャローな地形が多いのですが、やはり飛距離が出ると言うのは1つのアドバンテージとなります。
0.数号のラインと2~3グラム前後のルアーを使用するマイクロゲーム。
数種類のプラグを駆使して地形把握と魚のポジションを探っていく事で、魚との距離を縮めていきます。

乗り切らないショートバイトに対して、コンマ数グラムのウェイトの違うルアーでアジャストしていくマクロの世界が、ライトゲームの楽しみだと思います。
緻密にアジャストし、魚に近づいて行く感覚。
細ライン+ベイトタックルの超感度で獲った魚は何より嬉しい一匹となりました♪

そうそう、ライトゲームの楽しみはもう1つ。
それは対象魚種の多さです。
ロックフィッシュは勿論、これからの時期の産卵に絡まない居残りのシーバスなんかもライトラインで狙えばかなりスリリングなファイトを楽しむことができます。

多彩な魚種に対するワーミング、プラッキングゲーム。
細いラインを高切れさせず自由自在に扱えるFishmanロッドで、ライトゲームを楽しんでいきましょう♪
メバル
メバル
メバル
メバル
シーバス
Aich japan
Mebaru
Angler:Takeshi Kakimoto
Rod:Beamsinte7.9UL

関連ページ

Beams inte 7.9UL記事一覧はこちら
Beams inte 7.9UL製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook