Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

リールのすすめ~Fishmanロッドと相性の良いリール~

time 2019/08/05

八月に入り私の地元愛知県はジメジメした梅雨も明け、気分的にも非常に晴れやかな気持ちのAUX柿本です。
今回はFishmanロッドに合わせるリールについてお話ししようと思います。
この時期私のよく使用するロッドはBeams CRAWLA 8.3L+とBeams LOWER 7.3L。
この2本を多用しクロダイやシーバスを攻略しています。



メインラインは1.5~2号のPEを150m。
使用ルアーは7g~15g前後を使用。

ローワーではナイトゲームを中心に乗せる釣りを。
クローラではかける釣りをしています。
そんな釣りで使うリールは
ダイワ スティーズ A TW
シマノ バンタム MGL
この2機種をお勧めします。
200g前後のリールですがロッドとのバランスが非常によく、先重りを感じないのでアクションもつけやすくなります。

気になるキャスト性能ですが、カスタム無しで
ローワーなら5gから
クローラなら7gから快適にキャストできます。

ブレーキの性質から、マグネットブレーキのスティーズは天候や状況の変化などに強く安定した飛距離が得られます。
遠心ブレーキのバンタムは後半の伸びがよくMAX飛距離を出しやすいです。

両リール共に剛性は抜群!
50g以上のビッグベイトも問題なく投げられるリールです。
一年以上使用してもギア摩耗によるゴリ感は少なく、ベアリングさえ気を付ければ非常に長く使えます。
コアアングラーには嬉しいところですね。
ギア比のラインナップも多く個人にあったギア比を選べるので、色々な釣り方に対応できるかと思います。

また純正シャロースプールも出ているのでさらに細い糸、軽いルアーにも対応可能。
汎用性の高いBeams CRAWLAシリーズ、よりライトなBeams LOWERにベストマッチなリールだと思います。

Fishmanロッドに合わせるリールに迷っている方にこそ最初の一台として選んでいただければ幸いです。

Aichi Japan
Recommended reel
Rod:Beams CRAWLA 8.3L Beams LOWER 7.3L
Angler:TakashiKakimoto

関連ページ

Beams CRAWLA8.3L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA8.3L+記事一覧はこちら

Beams LOWER7.3L製品ページはこちら
Beams LOWER7.3L関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

10/26-27 山本釣具シーバスパーティー 11/2 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019前夜祭 11/3 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019 1/17-19 釣りフェスティバル2020

Facebook