Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Beams inte7.9ULで狙うはアオリイカ!利点を活かし秋の夜を楽しむ!

time 2019/11/14

皆さま、こんにちは。AUXの木村です。
秋も深まり狙いものが多くなってくる…そんな季節に突入しましたね。
今回はBeams inte7.9ULを使用したエギングについてご紹介しようと思います!
アオリイカ

今まで私はエギングをするなら飛距離もベイトより出て簡単に行えるため、スピニングでしかやってきませんでした。
しかし今年はベイトエギングに挑戦!
PEの0.6号にリーダー2号と、スピニングと全く同じラインで挑みました。
普段自分がエギングをしているフィールドはしまなみエリアということで、潮の流れもかなり早く、その反転流で抱かせたり、あるいは本流に投げ込みドリフトさせてジャーク、そしてまたドリフトさせて狙ったりしていました。
ただ今回はベイトタックル!
クラッチを切るだけで簡単にラインを出せるため、ベイトタックルがいきてきます!

Beams inte7.9ULはライトゲーム用に設計されたロッドです。
もちろん軽量のジグヘッドを飛ばせることもライトゲームロッドのなくてはならない部分ですが、この感度の良さもまた必要なポイントになってきます。
inteにはライトゲームロッドならではの感度の良さがあるため、イカが触れたりするようなアタリやイカパンチなども鮮明に伝わってきます!
またエギやラインから伝わる重みで潮の流れも掴みやすく、どこが反転流になっているかなどポイントも絞りやすくなりました!
さらにタックルが軽量ということで、一晩やったとしても腕がダルくなったりすることはなく、アングラーが疲れないというのもinteの利点かと思います!

この時期なってくるとイカがかなりサイズアップしており、800グラムを超えてくるような個体もいます。
アオリイカ
アオリイカ
アオリイカを掛けた瞬間からinteが綺麗な弧を描き、アングラーのボルテージは一気に上がるかと思います!
そして急に魚が活発になってくると、そこにプラグを投げ込みライトゲームが楽しめる。
急な展開に即座に対応してくれるところもinteの良さだと感じています!

みなさんもinteを使用した繊細なエギングを楽しんでみてはいかがでしょうか!
アオリイカ
Fukuyama Japan
Target:Bigfin reef squid
Rod:Beams inte7.9UL
Angler:Takumi Kimura

関連ページ

Beams inte7.9UL記事一覧はこちら
Beams inte7.9UL製品ページはこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/22~23 トラウトアングラーズミーティング2020in宮古 2/15-16 にいがたフィッシングショー 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook